F1ニュース

2018.03.09

ザウバーF1、タチアナ・カルデロンをチームの公式テストドライバーに起用


F1 | ザウバーF1、タチアナ・カルデロンをチームの公式テストドライバーに起用

 GP3に参戦する女性ドライバーのタチアナ・カルデロンが、2018年シーズンにアルファロメオ・ザウバーF1のマシンに乗ることが決まった。

 カルデロンは、すでに昨年からザウバーの開発ドライバーを務めているものの、当初はその活動内容がシミュレーター作業に限定されていた。

 しかしザウバーは6日に、2018年の公式テストドライバーとしてあらためてカルデロンと契約したことを発表した。今回の昇格によって、現在24歳のカルデロンはシミュレーターでのトレーニングを行なったり、レース週末にエンジニアからの指導を受けることになる。

 さらにカルデロンは、シーズン中に行われるテストでも最新型以外のマシンを使用し、さらに幅広い役割を果たすことになりそうだ。

「2018年シーズンにアルファロメオ・ザウバーF1でテストドライバーの役割を担うことになり、とてもうれしく思います」とカルデロンは述べた。

「過去1年間、開発ドライバーとして培った経験を活かして、チームとの新たなコラボレーションに臨みます。ともに前進し続けられることを楽しみにしています」

「これまでに、レーシングドライバーとしてのスキルを大きく伸ばし、上達することができました。今年も1年を通して同じように続けていけると確信しています」

 カルデロンは、アルファロメオ・ザウバーF1チームと、現在までのキャリアで彼女を支援してきたスポンサーたちに謝辞を述べた。

 コロンビア出身のカルデロンは、プロとしてのシングルシーター活動をアメリカのスターマツダ選手権から始め、その後ユーロフォーミュラ・オープン、イギリスF3、FIA F3、GP3に参戦してきた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

T’s CONCEPT
旭はるな(あさひはるな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング