F1 ニュース

投稿日: 2018.02.25 10:00
更新日: 2018.02.24 09:45

ザウバーF1チーム代表、2019年にチームの“ジュニアアカデミー”設立を計画


F1 | ザウバーF1チーム代表、2019年にチームの“ジュニアアカデミー”設立を計画

 ザウバーF1チーム代表のフレデリック・バスールは、チームのジュニアアカデミーを設立し、若手育成を続けていきたいという意向を示した。

 アルファロメオとのパートナーシップおよびフェラーリとの緊密な関係を通して、ザウバーのシートは現在ではフェラーリ傘下のジュニアドライバーたちの事実上の目標となっている。2017年にF2チャンピオンに輝いて今季ザウバーのシートを得た20歳のシャルル・ルクレールは、最も前途有望な例だ。

 バスールは頭角を現したシャルル・ルクレールに注目し、実際に彼のチームであるARTグランプリからGP3に参戦できるようにルクレールを導いた。

「シャルルのことはカート時代から知っている」とバスールはフランスのAuto Hebdoに語った。

「彼は私が関わるジュニアカテゴリーから上がってきて、F1で一緒に仕事をすることになった最初のドライバーなので、嬉しく思う」

 昨年ルクレールが見せた金曜フリー走行でのアプローチは、特に印象深かったとバスールは話す。

「彼は何ひとつ漏らすことなく報告した。誰とは言わないけれど、ホテルに戻ってしまった者もいたのだ。どのドライバーも速いが、チャンピオンはその他にも何かを持っているものだ」

 バスールはルクレールの才能がF1初年度に開花すると信じている一方で、評論家にはしばしば“職人”と呼ばれている、F1での5年目を迎えるマーカス・エリクソンの今後についても前向きな見方をしている。

「彼は良い装備を持てることがあまりなかったので、チャンスは限られていた」とバスールはスイスのBlickに語った。

「しかし彼はこの10戦ではよくやっていた。大きく成長してきているし、チームプレイヤーであり、良いフィードバックを与えてくれる」

 しかしながら将来のザウバーのラインアップについて、バスールはさらに高い望みを持っている。

「私は20年にわたって若いドライバーたちと仕事をしている」とバスール。

「ザウバーでジュニアアカデミーの設立を計画している。おそらく2019年からになるだろう。現実的にポテンシャルがある者を連れてくる必要がある。シャルル・ルクレールのようにね」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

KeePer Angels
小嶋みやび(こじまみやび)

F1 Photo Ranking

フォトランキング