インフォメーションニュース

2017.09.06

「乗るべしスーパーカー」発売記念連載03『ジャガーXJR-15』


 9月5日に発売となった「乗るべしスーパーカー」の発刊を記念して、この本の主役である気鋭のフォトグラファー・悠佑氏が切り取った珠玉の写真たちと、オーナーとスーパーカーのライフストーリーをご紹介。第3回は「ジャガーXJR-15」だ。

●Car Details Jaguar XJR-15
Text:Akira YOKOTA

 1988年のル・マン24時間レースにおけるジャガーの優勝は、じつに31年ぶりのことだった。優勝マシンのXJR-9は、1982年からジャガーでETC(欧州ツーリングカー選手権)に参戦し、1987年から正式にジャガーのレース活動を担うようになったTWR(トム・ウォーキンショー・レーシング)の開発による。そのマシンをベースに、保安部品を取り付けたロードバージョンとしたのが、1990年に発表されたXJR-15だ。狙いは、同車のワンメイクによるF1前座レースの開催。その経緯から生産台数も50台程度と少なく、カーボンコンポジット構造のモノコックや足回りはほぼレーシングカーそのもの。5993ccのV12エンジンはSOHCながら450PSを発揮した。

●Owner’s Story “スパルタン”ではすまない、Gr.Cマシンそのものの剛性感
A氏/Text:Shinnosuke OHTA

 もはや“キャノピー”と呼ぶべきキャビンに、ポリカーボネート製の透明樹脂をはめ込んだ超軽量なヒンジドアを開くと、そこには30cmをゆうに超えるカーボン製のサイドシルが出現する。「乗り込み方は人それぞれだと思いますけど、僕はもう両足でそこに乗って足から入ります」と笑顔で語る、オーナーのA氏。

 どんな希少なモデルでも「走らせなければ意味がない」と言い切るドライバー気質のオーナーらしい“儀式”で乗り込むと、そこにはサイドシートのパッセンジャーと会話を交わすためのヘッドセットまで備わる。

 モータースポーツ界で名コンストラクターとして名を馳せたトム・ウォーキンショー。その鬼才が手がけたル・マン・ウイナーのGr.Cカー『XJR-9』を由来とするこのスペシャルな1台は、走行中でも乗員の顔面めがけて容赦なく熱風が襲い、100km/h以下の巡行では「すぐに水温が110℃を超えてしまう」ほどの熱量を発する。


インフォメーション News Ranking

本日のレースクイーン

raffinee Lady/2018SF
林紗久羅(はやしさくら)

Photo Ranking

フォトランキング