投稿日: 2018.05.17 11:45
更新日: 2018.05.17 11:43

「モータースポーツ好きを満足させたい」。レース好き制作陣が手がける映画『OVER DRIVE』はクルマファン必見


インフォメーション | 「モータースポーツ好きを満足させたい」。レース好き制作陣が手がける映画『OVER DRIVE』はクルマファン必見

 また、羽住監督は映画製作に先駆けてラリー界の最高峰であるWRC世界ラリー選手権を取材。ラリー・ポルトガルやラリー・フィンランドに足を運び、“本物”を体感した。

 そしてこのWRC取材を通して感じたというのがファン層の広さ。「クルマが走るのだけを楽しむのではなく、ラリー自体をひとつのお祭りとして捉えているような印象」を受けたといい、劇中の観客エリアの描写に組み込まれた。

「小さな子どもからお年寄りまで観戦に来ていました。それにラリーは朝が早い競技なので、前日からテントを張って泊まり込んだり、朝からお酒を飲んだり、音楽をかけて盛り上がっている人たちもいるんです」

 また、マシンがメンテナンスされるサービスパークについてもメカニックが作業しているチームを求めて、観客がテントからテントへ移っていく動きや、マシンが離れたあとのテントでメカニックが清掃作業を行っている様子など、中継映像などでは分からない細かな描写も劇中に取り入れることで“本物感”が演出されている。

 このサービスパークのシーンは劇中にたびたび登場し、テント横でレースクイーンがステッカーなどを配っている様子も含めて、その雰囲気はまさしく“本物”。物語の本筋には大きく影響しない描写ではあるものの、実際のスペシャルステージ(SS)やサービスパークの雰囲気がそのまま再現されている。

新田さん演じる檜山直純がドライブするマシン
新田さん演じる檜山直純がドライブするマシン

 メインとなる走行シーンについては、2年連続で南アフリカの国内選手権で優勝したラリーカーを購入して撮影。ドローンなど最新の撮影機材を駆使して、空撮とドライバー視点、コースサイドからの視点を組み合わせることで迫力ある映像が作られた。

 また、撮影するのが難しい首都高を舞台としたラウンドなどはCGを使って映像が作り上げられているほか、海外ラウンドのシーンにはWRCプロモーターの協力を得て、WRC公式映像を活用。映画に実際の映像を組み合わせることで、作品全体の説得力が増している。

 加えて、劇中にラリーについての余計な説明がない点もポイントのひとつ。もちろんラリーに関する最低限の知識については説明されるものの、マシンのパーツや、ラリーに関連した専門的な用語はほとんど解説されない。

メカニック役の俳優陣は1カ月に渡りマシンの組み立て作業を習得した
メカニック役の俳優陣は1カ月に渡りマシンの組み立て作業を習得した

 実際のメカニックたちはそういった知識に精通しており、現場で用語解説が行われないのは当たり前。劇中でも、こういった描写を排除することで臨場感やスピード感が演出されているのだ。

新田さんの肉体は「鍛えすぎ(笑)。だけど、首の太さに説得力がある」と羽住監督
新田さんの肉体は「鍛えすぎ(笑)。だけど、首の太さに説得力がある」と羽住監督

 そのほか、メカニック役の俳優陣は1カ月以上に渡りヤリスの組み立て方を学んだほか、ドライバーの檜山直純役を演じた新田さんにはオット・タナクやセバスチャン・オジエなど実在のラリードライバーの写真を見せて肉体改造を指示するなど、羽住監督の徹底した本物へのこだわりが随所に表れている。

 モータースポーツやクルマが好きな人ほど、こういった映画は敬遠しがち。しかし、劇中の描写は徹底的に実際の現場感を意識しており、羽住監督が「モータースポーツ好きが必ず見てよかったと思ってもらえる自信がある」と太鼓判を押すのも納得の仕上がり。

 特に映画のクライマックスシーンはラリーやWRCを知っている人なら、思わずニヤリとする演出も含まれているので、モータースポーツ好き、クルマ好きこそ足を運ぶべき作品だ。

 また、新田さん演じる檜山直純と、北村匠海さん演じるライバルチームのエースドライバー、新海彰のライバル関係を描いたスペシャルムービーを羽住監督監修のもとで制作されている。これを見れば作品の雰囲気をより味わえるはずだ。

 そのほか、映画『OVER DRIVE』とTOYOTA GAZOO Racingとのコラボレーションサイト『OVER DRIVE MEETS GAZOO』(https://toyotagazooracing.com/jp/overdrive/)でも限定ムービーなどのスペシャルコンテンツが公開されているので、要チェックだ。

■OVER DRIVE MEETS GAZOO


本日のレースクイーン

ドリフトエンジェルス
引地裕美(ひきちゆうみ)

インフォメーション Photo Ranking

フォトランキング