インフォメーションニュース

2016.11.02

『MINI CHALLENGE』2017年開幕に向けた大きな一歩。富士でテストを実施


 2017年シーズンより日本でのプレ開幕、2018年からの本格シーズンのスタートが予定されているワンメイクレース『MINI CHALLENGE』。MINI F56 JCWをベースとした専用車両の走行テストが10月21日、富士スピードウェイで実施された。

 この車両は、すでにイギリスで開催されている『MINI CHALLENGE』2016年仕様のマシン。ワンメイクシャシーに2.0Lターボエンジンを搭載し、専用ECU制御により現状220psを発揮する。

 エクステリアは前後のフェンダーがワイド化されているほか、ルーフ前方にエアインテーク、後方にリヤウイングを備える。

 車両内部は更に手が加えられており、ロガー機能を持つコスワース製レーシングメーター、ナイトロン製3WAYダンパー、シーケンシャルミッション、スリックタイヤ、ロールケージ、アルコン製ブレーキキット、レース用フルバケットシート等が装着されている、まさに正真正銘のレース専用車両だ。。

ミニF56 JCWをベースに開発されたMINI CHALLENGE専用車両
ミニF56 JCWをベースに開発されたMINI CHALLENGE専用車両
コスワース製レーシングメーターはロガー機能を搭載。ロールケージとフルバケットシートを備える
コスワース製レーシングメーターはロガー機能を搭載。ロールケージとフルバケットシートを備える

 一方、現状のセッティングでは路面状況やガソリンのオクタン価が異なるイギリス仕様となっているため、日本のサーキット環境にローカライズする必要があるという。

「今回のテストでは、イギリスのサーキットとの走行環境の違いや、想定されるコンペティションレベルを考えながら、ベンチマークとするタイヤやブレーキの選択などを行ないました」と、ジオミック・モータースポーツ代表の壷林貴也選手。

 ジオミック・モータースポーツは、車両のローカライズを実施するとともに、MINI CHALLENGEのプロモーターや車両のインポーターを担当する。


インフォメーション News Ranking

本日のレースクイーン

Vガール/2018SGT
愛聖りさ(あいせりさ)

Photo Ranking

フォトランキング