海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.07.27 17:21
更新日: 2018.07.27 17:23

アルゼンチンの人気レース、スーパーTC200でトヨタ・カローラが参戦250戦目を連勝で飾る


海外レース他 | アルゼンチンの人気レース、スーパーTC200でトヨタ・カローラが参戦250戦目を連勝で飾る

 7月21~22日に開催されたアルゼンチンの人気ツーリングカーシリーズ、スーパーTC2000の第6戦サン・フアンは、TOYOTA GAZOO Racingアルゼンティーナのマティアス・ロッシ(トヨタ・カローラ)が土曜クオリファイレース、日曜フューチャーレースをともに制し、トヨタ参戦250戦目を祝う連勝を飾った。

 特徴的な8の字立体交差のレイアウトを持つアルゼンチン中西部、サン・フアンのアウトドローモ・エル・ゾンダで開催されたシリーズ第6戦は、予選からトヨタ勢が速さをみせロッシがポールポジションを獲得。フロントロウ2番手にもTOYOTA GAZOO Racingのチームメイト、ジュリアン・サンテロが並び、カローラが最前列を独占する形となった。

 一方、現王者で今季もシリーズランキング首位を走るファクンド・アルドゥソ(ルノー・フルーエンスGT)は、予選アタック中にわずかにミスを犯してウォールにヒット。ここまで14戦連続で進出してきたQ3を逃し、12番手に沈む波乱となった。

 その土曜クオリファイレースではスタートからカローラ2台がバトルを演じ、サンテロがポールシッターの前を伺うチャレンジに出るが、この動きを見逃さずに隙をついたプジョースポールのファビアン・シャナントゥオーニ(プジョー408)が2番手浮上に成功。後方では2016年王者、ワークス・シボレーのアグスティン・カナピノ(シボレーYPFクルーズ)も4番手へと上がってくる。

 その後この4台は後続を引き離すレースペースでパックを形成し、2周目にはカナピノが3番手に上がると、間もなくしてサンテロのカローラを異変が襲ってペースダウン。メカニカルトラブルの影響でポジションを守れず、トップ10圏内からも姿を消すこととなってしまう。

 代わって4番手に上がってきたのはカナピノのチームメイト、ベルナルド・レイバー(シボレーYPFクルーズ)で、2番手プジョースポール・アルゼンティーナvsシボレーワークスの構図となるなか、首位を走るロッシのカローラは悠々ギャップを築き、6.5秒のマージンを持って13周のトップチェッカー。続く日曜のフューチャーレースに向け、ポールポジションを確保することとなった。

スタートでエースを出し抜こうと試みたトヨタ・カローラのジュリアン・サンテロは、その後トラブルで後退
予選のミスで後方グリッドに沈んだ1号車の王者ファクンド・アルドゥソ。ルノースポール勢自体が振るわない週末に
見事にポール・トゥ・ウインで予選レース勝利を飾ったマティアス・ロッシのトヨタ・カローラ


本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
福江菜々華(ふくえななか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング