海外レース他 ニュース

2019.09.04

TCRオーストラリア第5戦:連勝で選手権リード拡大のブラウン。「ヒュンダイはまるでF3マシンのよう」


海外レース他 | TCRオーストラリア第5戦:連勝で選手権リード拡大のブラウン。「ヒュンダイはまるでF3マシンのよう」

 南半球では初春を迎える8月31~9月1日の週末に、2019年が初年度となるTCRオーストラリア・シリーズの第5戦がウィントン・モーターレースウェイで開催され、若き選手権リーダーのウィル・ブラウン(ヒュンダイi30 N TCR)が自身初の予選ポールポジションを獲得。日曜の2ヒートでは連勝を飾り、初タイトルに向けランキング首位を独走している。

 直前のイベントスケジュール変更により、金曜開催予定だった50分のプラクティスが土曜午前に編入され、2デイ化された第5戦は、ここまでのシリーズ展開どおりHMOカスタマー・レーシングの若手ドライバー、ブラウンが躍動。

 セッション中盤に1分24秒0981の首位タイムを記録し、その後はライバル勢の挑戦を受けて立つ展開になると、ケリー・レーシングのアンドレ・ハイムガートナー(ホールデン・アストラTCR)、そしてタイトルを争うアシュリー・シューアード・モータースポーツのディラン・オキーフ(アルファロメオ・ジュリエッタ・ヴェローチェTCR)らを退け、2019年最初のポールポジションを手にした。

 そのまま土曜午後に開催された週末最初のレース1は、グリッドへと向かうウォームアップラップから、ギャリー・ロジャーズ・モータースポーツが走らせるジェームス・モファットとクリス・ピザーの2台のルノー・メガーヌR.S.TCRにトラブルが発生。フォーメーションラップを走行することも叶わずピットへ押し戻されるなど、信頼性の問題に泣かされる厳しい出だしとなる。

 これでわずかなディレイを経てスタートしたレースは、フロントロウのハイムガートナーを皮切りにポールのブラウンが3台のマシンに先行され、苦しいオープニングラップに。しかし続くラップには2番手を奪還し、予選3番手発進から首位を行くWall Racingのジョン・マーティン(FK8ホンダ・シビック・タイプR TCR)に挑みかかる。

 5周目の最終コーナーで仕掛けたブラウンだったが、その際にマーティンのシビックと軽いコンタクトがあり、コースオフを喫してポジションダウン。代わって予選6番手から浮上してきたMatt Stone Racingの大ベテラン、ジェイソン・ブライト(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)が2番手を奪い、首位のシビックにチャレンジする立場となる。

R1スタートではポールシッターのウィル・ブラウンが失速し、アンドレ・ハイムガートナーやディラン・オキーフが先行する展開に
パンクが先か、リム破損が先か。中盤までR1を支配したジョン・マーティンのシビックは左フロントのトラブルでストップ
46歳の元バサースト1000勝者で、シリーズ初代ウイナーの称号も持つジェイソン・ブライトが開幕以来の2勝目


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 TEAM GOH MODELS
ちはる

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング