海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.11.07 14:54
更新日: 2016.11.07 14:55

豪州SC:元マクラーレンF1のテクニカルディレクター、強豪トリプル・エイトへ加入


海外レース他 | 豪州SC:元マクラーレンF1のテクニカルディレクター、強豪トリプル・エイトへ加入

 ウイリアムズF1のテクニカルディレクター職を経て、マクラーレンF1のスポーティングディレクターも務めたサム・マイケルが、豪州のVASCヴァージン・アトランティック・スーパーカーで“レッドブル・レーシング・オーストラリア(RBRA)”としてホールデン・コモドアを走らせるトップチーム、『トリプル・エイト・レースエンジニアリング』に移籍することが明らかになった。

 サム・マイケルは2014年を最後にF1パドックを離れるまで、その20年におよぶキャリアの間にロータス、ジョーダン、ウイリアムズ、マクラーレンといった強豪チームを渡り歩いてきた。とくに後年のウイリアムズやマクラーレンではチームの要職を歴任している。

 その後、彼は母国であるオーストラリアに戻っていたが、今回は地元自治体の安全協会との協業により“パートタイムでの指導者的役割”として、トリプルエイトに参加することとなった。

今季のVASCでタイトル争いを繰り広げるS-V.ギズバーゲン(左)とJ.ウィンカップ
今季のVASCでタイトル争いを繰り広げるS-V.ギズバーゲン(左)とJ.ウィンカップ

NZ戦では1コーナーでWクラッシュ、一触即発の場面も
NZ戦では1コーナーでWクラッシュ、一触即発の場面も


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング