国内レース他ニュース

投稿日: 2013.04.13 00:00
更新日: 2018.02.16 15:26

全日本F3第1・2戦 予選上位ドライバーコメント


    全日本F3選手権 第1・2戦
    予選上位ドライバーコメント

    ■第1戦予選:PP
    第2戦予選:PP
    中山 雄一
    (PETRONAS TEAM TOM'S/Car.No36/PETRONAS TOM'S F312/TOYOTA TOM'S TAZ31)
    「走りはじめで、昨日と路面コンディションが違うのがわかりました。昨日と比べてグリップしない路面でしたね。レコードライン上はまだいい方なんですが、少しでも外すと埃っぽかったです。それで2周目で走りをアジャストしたのですが、アタック中のデグナーあたりで赤旗が出てしまいました。1分51秒5ぐらいは出ている感触があったので悔しいですね。でも予選2回目の方が、出てほしくないなっていうタイミングでの赤旗でした。歯切れの悪い予選でしたが、2戦ともポールポジションを獲れてよかったです。今年からエンジンが新しくなって、うちのエンジンはトラブルもなく冬のテストを消化できたので、順調に自分のセットアップも進めることができています。予選でもタイム差でそれを証明できているかなと。決勝は、スタートに関しては去年から自信があるので、あとはレース中にもいろんなことを得られたらいいなと思います」

    ■第1戦予選:2位
    第2戦予選:2位
    勝田貴元
    (PETRONAS TEAM TOM'S/Car.No36/PETRONAS TOM'S F312/TOYOTA TOM'S TAZ31)
    「昨日に比べて路面コンディションがちょっと悪くて、アンダーステアが強かったです。タイムアタックは1周に懸けていたのですが、そのアタック中にコースアウトしてしまいました。S字の立ち上がりでアンダーステアを出してしまってダートに落ちて、そのままコントロールを失ってしまいました。2回目の予選までに時間が足りなかったので、コースアウトで負ったダメージをそのままにして出ていったので、まともに走れる状況ではなかったです。それで中山選手とのタイム差が大きくなってしまったのですが、フロントロウを獲れたのにはちょっとびっくりしました。(決勝に向けては)このエンジンのクルマでスタートしたことがないので、うまく合わせていければいいなと思います。チームにとって、2人で結果を出すことが1番大事だと思うので、無理はしないで、落ち着いてスタートを切りたいです」

    ■第1戦予選:3位
    第2戦予選:5位
    清原 章太
    (HFDP RACING/Car.No8/HFDP RACING F312/HONDA MF204D)
    「予選1回目で、開幕前のテストも含めた鈴鹿でのベストタイムが出せたのはすごく良かったです。昨日はチーム内でもタイム差があったので、それを逆転できたことも良かったですが、もっと早い段階でこのタイムが出せていれば、ベストタイムはもっと削ることができたとも思います。トップとのタイム差はまだ大きいので、それは課題です。予選2回目の方がタイム差が大きくなってしまいましたが、赤旗の影響で全体的にタイムが落ちたところが、僕の落ち幅が大きかったですね。タイヤのグリップに任せた走りしかできないという自分の課題がタイム差に表れてしまいました。路面コンディションも含めて変化していく状況に合わせた走りができるよう、決勝レースでもタイムアップにつながる走りができればと思います」

    ■第1戦予選:4位
    第2戦予選:4位
    千代 勝正
    (B-MAX ENGINEERING/Car.No50/B-MAX・F312/TODA TR-F301)
    「テストで十分に走れていなくて、昨日初めてみんなと比較できたような状態なので、正直に言えばまだ詰め切れていない部分はあると思います。でも予選に向けて、クルマもいい方向に持ってこれて、自分でもいいアタックはできました。だから、このタイム差は現実として受け止めなきゃいけないですね。でも昨日1秒6ぐらいあったトムスとの差が1回目の予選ではコンマ7秒ぐらいまで縮まっていたので、それは進歩かなと思います。2回目の予選ではセットを変更したら悪い方向に行ってしまったのでタイムが伸びませんでした。それでも3番手とのタイム差は小さいので、決勝では表彰台圏内で勝負できるかなっていう気はしています」

    ■第1戦予選:6位(N-1位)
    第2戦予選:6位(N-1位)
    高星 明誠
    F3-Nクラス
    (NDDP RACING/Car.No23/SRoad NDDP F3/TOYOTA TOM'S 3S-GE)
    「アタックに関しては、今自分ができるベストをひき出せたかなと思います。ただ、今日のこのコンディションにクルマが少し合わなくて……。2回ともちょうどいいタイミングで赤旗が出ましたが、F3はもともと1アタックで勝負するしかないと思っていたので、(赤旗が出てセッションが中断したことに対して)焦ることはなかったです。2番手とのタイム差もコンマ8~9秒ぐらいあるので、決勝も落ち着いてスタートが成功すればそのまま逃げ切れると思います。去年のFCJの終盤の頃は上手くスタートができていたので、それができれば大丈夫です。緊張せずに普段通りの走りを心がけます」」

    ■第1戦予選:7位(N-2位)
    第2戦予選:7位(N-2位)
    小泉 洋史
    F3-Nクラス
    (HANASHIMA RACING/Car.No6/NetMove Hanashima Racing/TOYOTA TOM'S 3S-GE)
    「予選で2回とも赤旗が出ましたが、気分的には良くないですよね。特に1回目はアタックを仕掛けるいいタイミングで出てしまいましたから。だけどそれは出ているドライバー全員が同じ条件だし、とにかく落ち着いて行こうと考えました。アタック自体に大きなミスはなくて、自分のベストで走れたかなと思います。もちろん詰められるところはあったかなと思う部分はありますけど、きれいにまとめられたとしてもトップ(高星選手)から0.3~0.5秒落ちぐらいだったでしょうね。それでも自分の走りを修正して、マシンの方もエンジニアと話をしていじっているので、昨日の結果よりは差が詰められたと思います。高星君が速いのはシーズンオフのテストから見ていてわかっていましたが、鈴鹿は好きなコースなので頑張りたいですね」

    ■第1戦予選:8位(N-3位)
    第2戦予選:8位(N-3位)
    ナニン・インドラ・パユーング
    F3-Nクラス
    (TOM'S SPIRIT/Car.No38/PTT SPIRIT F307/TOYOTA TOM'S 3S-GE)
    「1本目は赤旗とかもあったので、1周しか走れず、タイヤも温まっていなかったのでちゃんとしたアタックはできませんでした。2回目の予選に関しては、フューエルポンプにトラブルが出てしまって、コース上にストップしてしまいました。なんとかピットに戻ってきたので、直すことはできましたが、100%のアタックはできなかったし、こちらの予選でも1周しかアタックのチャンスがありませんでした。決勝に向けてはトラブルも解消したのでポジティブです。クラス3番手からのスタートですが、一番大切なのはリタイアしないことだと思っています。1つでもスタートより上の順位でゴールできたらいいなと思います」


    関連のニュース

    本日のレースクイーン

    2020リアライズガールズ
    霧島聖子(きりしませいこ)

    国内レース他 Photo Ranking

    フォトランキング