国内レース他ニュース

投稿日: 2011.09.24 00:00
更新日: 2018.02.16 04:55

全日本F3選手権 第14・15戦 予選上位コメント



    全日本F3選手権 第14 ・15戦 予選上位ドライバーコメント

    (※第16戦の決勝グリッドは、第14戦決勝のベストラップにて決定)

    ◎ Cクラス ◎
■第14戦予選:PP 第15戦予選:2位
    山内 英輝
    (HANASHIMA RACING/Car.No5/PLANEX ハナシマ F308/トヨタハナシマ1AZ-FE)
    「予選1回目は(ピットの位置が一番1コーナーに近いという)“運"もあったかなと思います。予選2回目は結果的に実力じゃないですか。昨日の占有走行でのアタックは、自分の中でも凄く良い走りが出来たなと思っているんですが、今日の予選2回目は、アタックの周自体は良かったものの、その周に入る最終コーナーでちょっと失敗してしまって、伸びが今ひとつ足りないなと思いながらのアタックだったので……。それがちょっとタイムに響いたのかもしれないなと思います。(逆転タイトルに向けてはポイント差が大きく)状況的には厳しいですが、チャレンジ出来るポジションだと思いますし、僕の場合はもう勝つしかないのでそれ以外は考えずにレースに臨みます」

    ■第14戦予選:5位 第15戦予選:PP
    関口 雄飛
    (B-MAX ENGINEERING/Car.No50/B-MAX F308/トヨタトムス1AZ-FE)
    「予選1回目は、赤旗中断後にタイムを出しに行ったんですが、もうタイミングが合わなくて……。2周目にアタックしようと思っていたものの、あと何秒が足りずにチェッカーが出てしまったんです。予選2回目はポールポジションが獲れたんですが、1回目が相当後ろのグリッド(11番グリッド)になってしまったんで……。今日の第14戦のベストラップで明日の第16戦のグリッドも決まりますし、いろいろ作戦を考えないとダメですね。Nクラスを抜いて行くことは出来るとして、恐らく4番手くらいまでしか行けないかもしれないですが、とにかく頑張ってみるしかないですね」

    ■第14戦予選:2位 第15戦予選:3位
    安田 裕信         
    (ThreeBond Racing/Car.No12/ThreeBond/スリーボンド東名SR20VE)
    「いやぁ、厳しいですね。もう全開ですし、一番攻めているような気がするんですが……。ただ、予選1回目の再開後は、わざと間隔を空けて1周のアタックに集中したというのが、僕らにとっても上手く行きましたし、今の状況でトップタイムを獲れというのはちょっと難しいレベルにあるので、それを考えれば結果としては悪くなかったかなと。悔しいけれど、昨日、今日の状態では前の2台を追いかけることは今の僕たちには本当に厳しい。予選2回目はもう少しタイムが出そうだったけれど、前に引っ掛かってしまって。けれど、昨日よりもタイム差は縮まっているし、決勝でならなんとかなると思います。とりあえず、今日は頑張って勝ちを狙って行きたいですね」

    ■第14戦予選:3位 第15戦予選:4位
    リチャード・ブラッドレー
    (PETRONAS TEAM TOM'S/Car.No36/PETRONAS TOM'S F308/トヨタトムス1AZ-FE)
    「最初の予選セッションはちょっと残念だったね。ちょうどアタックに入っていたところで赤旗中断になってしまって。再開後はタイムアップ出来たんだけれど、ひとつミスをしてしまってね。それで安田裕信選手に届かなかった。予選2回目に向けてはセットアップを少し変えて行ったんだけれど、それは上手く行ったものの、安田選手も少しタイムを上げていて、やっぱりちょっと彼に届かなかったのが残念だ。最後はちょっとリスクを冒してでもと思って2回ほどスピンしそうになりながらも、猛プッシュでアタックして、コンマ1秒ほど良いペースだったんだけれど、レインボーでやっぱりスピンしてしまった。どこにも接触しなかったから良かったけれど、残念だね。なんとか今日の第14戦では表彰台に上がれるんじゃないかと思うよ」

    ◎ Nクラス ◎
    ■第14戦予選:2位 第15戦予選:PP
    野尻 智紀
    (HFDP RACING/Car.No8/HFDP RACING F307)
    「予選1回目に関しては、赤旗中断などがあったのでなんとも言えませんが、予選2回目のアタックでもちょっと自分のベストを出し切れなかったかなと。もうちょっとタイムは出せたと思うので……。ただ、クルマは非常に良いですし、ペース的にも悪くないと思いますから、とにかく決勝では落ち着いて戦いたいと思います」

    ■第14戦予選:PP 第15戦予選:3位
    千代 勝正
    (NDDP RACING/Car.No23/NDDP RACING)
    「結構荒れた予選でしたね。赤旗が出る前には、前でタイヤを温めているホンダの2台に引っ掛かってしまって、タイムが出せなくて。赤旗が出た後は、もう3分しかなかったのですが、最後にアタックするときに前と間隔を空けたら、ちょっとチームメイトを邪魔する感じになってしまって。それでもなんとかアタック出来てポールポジションを獲ることが出来ました。クルマも凄く調子が良かったですし、普通に走ればポールが獲れる状態だったと思います。予選2回目も、僕がセクター1でベストが出た周に、他のマシンにSPコーナーで追いついてしまわなければ、多分16秒2〜3くらいは出ていたんじゃないかと。仕方なくもう1周行ったんですが、もうタイヤの良い状態が終わっていたので3番手になりました。僕は(逆転タイトルのためには)全部獲るしかないので、とにかく頑張ります」

    ■第14戦予選:3位 第15戦予選:2位
    中山 雄一
    (TOM'S SPIRIT/Car.No37/TDP SPIRIT F307)
    「1回目はちょっと前のマシンとの間隔が悪くて、赤旗が出るまでに1周もクリアが獲れなくて。再開後は3周出来たんですが、2周目にアタックしているときに前のトムスのマシンに引っ掛かった千代勝正選手が、僕のラインに重なって来てしまって、それを避けるためにロスしてタイムが出なくて。その影響で最終ラップに入る最終コーナーも全然伸びていなかったので、結果的に予選1回目はタイムが全然出なかったです。ただ、マシンのバランスは昨日よりも全然良くなっていたので、セットアップも変えずに予選2回目に臨みました。マシンの変化に自分が合わせ切ることが出来ず、それでも予選2回目に完璧とはいきませんが、それなりのタイムは出せたかなと。最後のラップは黄旗が出ていたのでペースを落としました。タイトル争いのことはあまり深く考えず、昨日よりもマシンが良い方向に行っていることをポジティブに考えて、レースに臨みたいと思います」

    ■第14戦予選:4位 第15戦予選:4位
    佐々木 大樹
    (NDDP RACING/Car.No22/NDDP RACING)
    「調子が良かったんですが、予選1回目は赤旗もありましたし、再開後のアタックではチームメイトに邪魔される形になってしまって。予選2回目も良かったんですが、とにかく僅差なのでうまくまとまったドライバーが前に行っているという感じだと思いますし、まぁレース的には離されることも無いでしょうし、スタートを決めれば(4番手からでも)行けると思います。最終ラウンドですし、なんとか勝ちたいですね」


    関連のニュース

    本日のレースクイーン

    マッハ車検GAL
    小林唯叶(こばやしゆいか)

    国内レース他 Photo Ranking

    フォトランキング