国内レース他ニュース

投稿日: 2011.08.17 00:00
更新日: 2018.02.23 12:35

耐久性アップの新ポルシェ911 GT3 Cupがデビュー


ポルシェ 911 GT3 Cup 2012年モデル

もっとも成功したレーシングマシンが
より多くのレースへ参戦可能に

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)はこれまでに2,200台以上が世界中のカスタマーレーシングチームへデリバリーされ「世界でもっとも成功したレーシングマシン」として知られる911 GT3 Cupの2012年モデルを導入いたします。

ニュー911 GT3 Cupでは、新たに100リッターの大容量を誇るFT3ガソリンタンクを採用し、フロントフードを開けることなく給油が可能となりました。この新たな装備で、より距離の長い耐久レースへの参加ができるようになります。またFT3タンクの採用は、さらに高い安全性能の確保にも大きく寄与しています。

2012年モデルの911 GT3 Cupのベースは、ライトウェイトボディを誇る911 GT3 RSです。GT3 Cupに搭載されるエンジンのスペックはGT3 RSとほぼ同じで、最大出力は両モデルともに450bph、最高回転数も8,500rpmで同じです。触媒つきのモータースポーツ用エキゾーストシステムは、エミッション排出量を最低限に押さえます。

大きく膨らんだフロントのフェンダーアーチには9.5Jx18、25/64-18リアには12Jx18、 30/68-18 の合金製軽量ホイールとのミシュラン製スリックタイヤが収まります。

911 GT3 Cupは出場するレースに応じて、セッティングの変更が可能です。フロントとリアに装着されたブレードタイプのアンチロールバーは、7つのポジションの中からサーキットの特性に合わせて最適なセッティングを選べます。F1グランプリのサポートレースとして知られるポルシェ モービル1 スーパーカップに参戦するマシンには、ポルシェ セラミック コンポジット ブレーキ(PCCB)が装着されています。PCCBはポルシェのプロダクションモデルでも採用されています。PCCBを採用したことで、スーパーカップのマシンは、通常のブレーキを装着した世界中のカレラカップやGT3カップ チャレンジのマシンと比較して約20kgもの軽量化を実現しました。

911 GT3 Cupのコックピットはすべてがドライビングのためのものです。インフォメーションディスプレイの操作は、ステアリングホイールにある6つのスイッチで行います。ステアリングのポジションはロードカーと同様に高さと距離が調節可能です。

現在、911 GT3 Cupは世界中でポルシェが開催する19のワンメイク シリーズで競技車両として採用されているほか、多くのGTカテゴリーや耐久レースにも参戦しています。 911 GT3 CupはGT3レギュレーションに準拠し各国でチャンピオンシップを戦っている911 GT3 RやGT2のレギュレーションのためのマシン、911 GT3 RSRなどポルシェが誇るレーシングマシンのラインアップ中、もっともベーシックなモデルです。

2012年モデルの911 GT3 Cupは今年9月より順次デリバリーされる予定で、2012年および2013年シーズンは、カレラカップジャパンを含むいくつかのカレラカップ シリーズに採用されます。


関連のニュース

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング