レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

投稿日: 2022.07.18 15:35

1周目の接触でペナルティの大湯も、「僕が原因」の三宅も困惑。『SFgo』は“エビデンス”にならず?【第6戦決勝あと読み】

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


P会員 | 1周目の接触でペナルティの大湯も、「僕が原因」の三宅も困惑。『SFgo』は“エビデンス”にならず?【第6戦決勝あと読み】

 平川亮(carenex TEAM IMPUL)の視界は開けていた。

 フォーメーションラップの終わりで目の前のグリッドの車両がスピン、ストップ。エクストラ・フォーメーションラップを経て、全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦のレッドシグナルがいよいよ点灯すると、平川は11番グリッドからの追い上げに向けて集中を高めた。

 ブラックアウトと同時にまずまずのスタートを決めた平川は、富士スピードウェイのホームストレートをTGR(1)コーナーへ向け加速。前方グリッドが空いていたことから、「2台くらい、ポジションアップかな」との思いがよぎる。3番手スタートのライバル、野尻智紀(TEAM MUGEN)を追うには、上々の滑り出しと言えた。

 TGRコーナーに対してややアウト側からアプローチを開始する平川。だが、その背後から鈍い衝撃が響く。平川のノーズは一瞬のうちに右を向き、三宅淳詞(TEAM GOH)のマシンと激しくクラッシュ。一度はコース復帰を試みた平川だったが、諦めてマシンを止めた。

 平川の右リヤに接触したのは、10番グリッドスタートの大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)だった。

ここから先はautosport web Premium
会員限定コンテンツとなります
ログインして続きをみる または autosport web Premium会員登録 autosport web Premiumとは


関連のニュース

本日のレースクイーン

GAINER Valkyrie's
山下ほなみ(やましたほなみ)