スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.08.29 16:52

スーパーGT:Audi Team Hitotsuyama 第6戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | スーパーGT:Audi Team Hitotsuyama 第6戦鈴鹿 レースレポート

Audi Team Hitotsuyama

Press release – 2017.0829 – 007
29/08/2017

Race Report

2017 AUTOBACS SUPER GT
Round-6 / 46th International Suzuka 1000km

 Audi Team Hitotsuyamaは、2017年8月26日、27日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT第6戦「46th International Suzuka 1000km」に参戦。決勝レース中に発生した電気系のトラブルにより、無念のリタイヤとなりました。

 第5戦の富士で今季初入賞を果たしたAudi Team Hitotsuyamaは、昨年6位入賞となった伝統の「鈴鹿1000km」でさらに上位を狙い、リチャード・ライアンと柳田真孝にマシンを託しました。

▱予選

 46回目を迎えた「鈴鹿1000km」。この伝統のレースも今年がラスト。そして、元F1チャンピオンのジェンソン・バトン選手がGT500に参戦することなどから、鈴鹿サーキットは予選が行われる土曜日から、いつも以上の熱気に包まれました。

 早朝、にわか雨に見舞われた鈴鹿サーキットでしたが、午前中の公式練習の途中にはコースコンディションはドライに回復。ここで、Hitotsuyama Audi R8 LMSは2分0秒348のクラス8番手タイムをマークし、順調な滑り出しを見せます。

 午後2時35分には、Q1、Q2の2段階で行われるノックアウト方式の予選がスタート。曇り空とはいえ気温31℃、路面温度37℃という厳しいコンディションのもと、Audi Team HitotsuyamaはライアンがQ1を担当しました。柔らかめのタイヤを装着したHitotsuyama Audi R8 LMSをライアンはミスなくドライブし、1分59秒517のタイムでQ1を突破しました。「あとコンマ1秒遅ければQ1敗退というギリギリの位置でしたが、いまのマシンの状況を考えると妥当なポジションでしょう」とはチーム代表の一ツ山亮次。

 一方Q2では、タイムアタック中に柳田の小さなミスもあり、1分59秒681のベストタイムで13番手に。これに関してチーム代表の一ツ山亮次は「ミスがなければもう少し上のポジションを手に入れられたかもしれませんが、マシンとタイヤのバランスは良く、また、柳田もタイヤの温め方が良くなってきているなど、彼自身の進化は見逃せません」と語り、決勝での巻き返しに自信を示しました。

予選結果
P1 #25 VivaC 86 MC 松井孝允/山下健太/近藤 翼
P2 #18 UPGARAGE BANDOH 86 中山友貴/川端伸太朗
P3 #5 マッハ車検 MC86 GTNET 坂口夏月/藤波清斗/玉中哲二
P13 #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS リチャード・ライアン/柳田真孝

Hitotsuyama Audi R8 LMS
リチャード・ライアン


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング