MotoGP ニュース

投稿日: 2017.05.08 17:00
更新日: 2017.05.08 15:02

ホンダ 2017MotoGP第4戦スペインGP 決勝レポート


MotoGP | ホンダ 2017MotoGP第4戦スペインGP 決勝レポート

ペドロサが今季初優勝。マルケスが2位になり、Repsol Honda Teamが今季初の1-2フィニッシュ

2017年5月7日(日)・決勝
天候:晴れ
気温:28℃
コースコンディション:ドライ
観客:6万8731人(3日間:12万9890人)

 第4戦スペインGPの決勝レースは、今季初のポールポジションを獲得したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、シーズン初優勝を果たしました。ペドロサは、絶好のスタートから一気にペースを上げると、27周のレースで一度もトップの座を譲ることなく、真っ先にチェッカーを受けました。

 そのペドロサを追走できたのはチームメートのマルク・マルケス(Repsol Honda Team)だけであり、Repsol Honda Teamの両選手が3位以下に大きなリードを築く、すばらしいレースでした。

 この日は気温が28℃まで上昇。路面温度は40℃を超える厳しいコンディションとなりました。レースウイークを通じて最もタイヤに厳しい環境となりましたが、マシンのセットアップ、そしてタイヤ選択をばっちり決めたペドロサが、地元ファンの前で圧倒的な速さを披露しました。これでヘレスが舞台のレースでは、最高峰クラスで3度目の優勝。MotoGPクラスにデビューしてからの12年で、3勝を含む9度の表彰台獲得を果たしたペドロサには、地元ファンから大きな声援が送られていました。

 2位にはマルケスが入りました。27周のレースで、唯一、ペドロサを追いかけられたライダーですが、ペドロサの快走にはわずかに届きませんでした。それでも、マルケスにとってヘレスは、シーズンを通じて最も苦手とするサーキットの一つ。レースウイークを通じてマシンのセットアップが進み、今後の戦いに大きなプラスになる、重要なレースとなりました。

 マルケスは、前戦アメリカズGPでの優勝に続き、これで2戦連続の表彰台で、総合3位をキープ。今大会で6位に終わった総合2位のマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)に2ポイント差、今大会を10位で終えたランキングトップのバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)に4点差まで迫り、トップの座を視野に入れました。ペドロサも2戦連続の表彰台で総合4位に浮上。トップとの差を10点とし、チャンピオン争いに加わりました。

 今季初となったRepsol Honda Teamの1-2フィニッシュは、2015年のドイツGP以来2年ぶり。今大会は、予選でフロントローを独占するなど、RC213Vの仕上がりのよさを感じさせるレースとなりました。

 今季2度目のフロントローから好スタートを切り、4番手を走行していたカル・クラッチロー(LCR Honda)は、6周目の11コーナーで転倒してリタイア。今季2度目となる表彰台のチャンスを逃しました。

 予選10番手から決勝に挑んだジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、オープニングラップで9番手と好スタートを決りましたが、6周目の1コーナーでアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)の転倒に巻き込まれてリタイアに終わりました。チームメートのティト・ラバトも、13番手を走行していた10周目の2コーナーで転倒してリタイアと、ともに残念な結果に終わりました。


本日のレースクイーン

R'Qs Racing GIRLs
桐生もえこ(きりゅうもえこ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング