MotoGP ニュース

投稿日: 2017.07.03 11:48

ホンダ 2017MotoGP第9戦ドイツGP 決勝レポート


MotoGP | ホンダ 2017MotoGP第9戦ドイツGP 決勝レポート

マルケスが今季2勝目。ペドロサが3位表彰台に立つ

2017年7月2日(日)・決勝
天候:曇り
気温:18℃ コースコンディション:ドライ
観客:7万7343人(3日間:16万4801人)

レポート

 シーズン前半戦の締めくくりとなる第9戦ドイツGPは、今季3度目のポールポジション(PP)を獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、今季2勝目を達成しました。フリー走行と予選は、断続的に雨が降る不安定な天候の中で行われましたが、決勝日はドライコンディションとなり、PPから好スタートを切ったマルケスが、ジョナス・フォルガー(ヤマハ)との一騎打ちを制しました。

 序盤はマルケスが、中盤はフォルガーが首位を走行。互いにけん制し合う展開の中で、11周目にトップに浮上したマルケスは、それから30周のレースで一度もトップの座を譲らず、終盤で一気に突き放しました。

 今季2勝目を達成したマルケスは、この優勝で総合4位から総合首位に浮上し、2年連続4度目のタイトル獲得に向けて後半戦に挑みます。またこの優勝で、マルケスはドイツGPの8年連続ポール・トゥ・ウインという記録を達成しました。

 予選3番手から、序盤はマルケスに続いて2番手を走行したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、5周目にフォルガーにかわされて3番手へ。その後、首位のマルケス、2番手のフォルガーからじりじり遅れますが、後続との差をしっかりキープしながら3位でフィニッシュしました。

 今季5度目の表彰台を獲得したペドロサは、総合5位は変わらずも、総合2位のマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)とのポイント差を縮めることに成功しました。

 Repsol Honda Teamの2人がそろって表彰台に立つのは今季4度目。後半戦に向けて、上り調子でシーズン前半戦を締めくくりました。

予選4番手から決勝に挑んだカル・クラッチロー(LCR Honda)は、思うようにペースが上がらず10位、予選13番手のジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は15位、ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は18位でした。

コメント


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング