レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

MotoGP ニュース

投稿日: 2017.08.03 16:12

Moto Map Supply Futture Access EWC最終戦 鈴鹿8時間耐久ロードレース レースレポート

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


MotoGP | Moto Map Supply Futture Access EWC最終戦 鈴鹿8時間耐久ロードレース レースレポート

 第40回大会のレースウイークが27日午後からスタートした。天気予報ではレースウイーク中、連日晴れ予報が出されていたが、木曜日は朝まで雨が降ってしまい、どんよりとした空の下でスケジュールが始まることとなった。気温も27度で路面温度も上がらない。初日1本目のフリー走行は午後1時50分から1時間行われ、続いて16時10分からも1時間走行があった。

 予選日となる翌金曜は曇り空。朝のフリープラクティス開始がディレイし、さらには小雨がパラつきだしてしまい、難しいコンディション下で1時間45分間のセッションが行われた。セッションがスタートしても雨が止むのをほとんどのライダーが待つことになり、コース上にマシンはほとんど出ない。

 しかし小雨が止んでくると続々とマシンがコースイン。途中、少し降り方が強くなったりしたが、最後はドライとなった。

 そうして午前11時半から20分ずつの計時予選がスタート。気温はまだ28度で路面温度も34度と上がらない。午後になってやっと気温33度、路面温度47度と8耐らしい暑さに近付いていった。

 しかも最初の計時予選から毎回転倒者が出て赤旗が出され、結果的に4セッション連続して赤旗中断となり、連続走行が続けられない難しい予選となった。今年の耐久シリーズは、予選を走ったライダーの平均タイムで順位が付けられることから、決勝を見据えて高いアベレージが刻むことが予選、レースともに重要となる。

 さらに予選・決勝を通じて使用できるタイヤがEWCクラスは20本という制限があり、決勝を7回ピット、8スティントで行くならば、すべて新品で走ろうとすると、予選では4本しか新品が使えない。そんな制限もあり、1回目の予選でタイムを出すライダーが多かった。

Moto Map Supply Futture Access


関連のニュース

本日のレースクイーン

auサーキットクイーン
央川かこ(おうかわかこ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング