MotoGP ニュース

投稿日: 2017.10.04 12:12

全日本ロード:Team KAGAYAMA 2017第8戦岡山 レースレポート


MotoGP | 全日本ロード:Team KAGAYAMA 2017第8戦岡山 レースレポート

全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦 SUPERBIKE RACE in OKAYAMA

一歩前進。さらなる進化を目指す!

■大会名:
2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 SUPERBIKE RACE in OKAYAMA

■開催日:
[予選]2017年9月30日(土) 天候:晴れ コース:ドライ
[決勝]2017年10月1日(日) 天候:曇り コース:ドライ

■観客動員数:8,800人(2日間合計)

■開催場所:岡山県・岡山国際サーキット(1周=3.703km)

■JSB1000ライダー:
加賀山就臣 予選/8番手(1分29秒187) 決勝/9位
浦本修充 予選/14番手(1分30秒071) 決勝/11位

■マシン:SUZUKI GSX-R1000

 2017年の全日本ロードレース選手権もシリーズ第8戦を岡山国際サーキットで迎えました。日曜日は雲が多かったものの、金曜日、土曜日は快晴となり、レースウイークは、全てドライコンディションで行われました。

 岡山国際サーキットは、ダンロップタイヤのお膝元であり、Team KAGAYAMAにとっても第2のホームコースとも言えるラウンド。ここ2戦は、2&4レースが続いていましたが、今回は、約3カ月振りに全クラスが開催されました。
 
 J-GP2クラスの三原壮紫も久しぶりのレースに臨む予定でしたが、事前テスト前のスポーツ走行で転倒し骨折してしまったため、今回は残念ながら欠場することになりました。最終戦に復帰できるようリハビリに励んでいますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

 前戦のオートポリスラウンド決勝で転倒し、右手の人差し指を痛めていた浦本は、治療のため事前テストに参加できず、ぶっつけ本番でレースウイークを迎えていました。
 
 一方、加賀山は、事前テストから順調にセットを進めフィーリングもいい状態となっていました。金曜日は、1分29秒458をマークし8番手につけていました。この日から走り始めた浦本は、16番手と、やはりテスト不足が響いていましたが着実に前進していました。手術した指もほとんどライディング影響はありませんでした。

今回もノックアウト方式で行われた公式予選

 全車が走行するQ1は、40分で行われました。途中、転倒車両があり赤旗中断がありましたが、加賀山は、セッションの最後にタイムを出し1分29秒259を出し7番手に入り、Q2に進出。浦本は、14番手となり、グリッドが決まりました。

 15分間で行われたQ2では、1分29秒187とさらにタイムを詰めましたが、順位は、8番手となりました。このとき1分29秒台前半で走れる手応えがあり、うまく行けば表彰台を狙えるかと思われました。

24周で争われた決勝レース


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング