MotoGP ニュース

投稿日: 2017.11.14 06:49
更新日: 2017.11.14 00:03

ホンダ・チーム・アジア 2017MotoGP第18戦バレンシアGP 決勝レポート


MotoGP | ホンダ・チーム・アジア 2017MotoGP第18戦バレンシアGP 決勝レポート

最終戦バレンシアGPでアティラプワパが21位
鳥羽は24位でゴール

2017年11月12日(日)
Rd.18 バレンシアGP バレンシア・サーキット
コンディション:ドライ
気温:20度 路面:20度

 2017年シーズンの最終戦となった第18戦バレンシアGPで、Honda Team Asiaのナカリン・アティラプワパが21位でゴールしました。チームメートの鳥羽海渡は24位で完走し、チェッカーフラッグを受けました。

 11列目31番グリッドからレースに臨んだアティラプワパは、オープニングラップで26番手に浮上。その後も、このウイークの自己ベストタイムを更新しながら安定感のあるペースで周回を続け、無事にゴールラインへと到達しました。

ナカリン・アティラプワパ/ホンダ・チーム・アジア
ナカリン・アティラプワパ/ホンダ・チーム・アジア

 鳥羽は7列目20番グリッドからのスタートでしたが、序盤に27番手まで順位を落としてしまいます。そこから追い上げを開始しましたが、後方集団に飲み込まれて本来の実力を発揮しきれないまま、チェッカーフラッグとなりました。

 ルーキーイヤーの2017年シーズンを終え、Honda Team Asiaと鳥羽・アティラプワパの両選手は、来シーズンこそ高い戦闘力を存分に発揮して戦うため、来るべき一年に向けた準備を早々に開始する予定です。

コメント


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング