レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

MotoGP ニュース

投稿日: 2016.03.13 12:02
更新日: 2016.03.17 12:03

SBK第2戦タイ レース2はトム・サイクス優勝

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


MotoGP | SBK第2戦タイ レース2はトム・サイクス優勝

 SBK第2戦タイのレース2はトム・サイクス(カワサキレーシングチーム)が優勝した。
 気温33度、路面温度39度で始まったレース2。好スタートを切ったサイクス。オープニングラップでマイケル・ファン・デル・マーク(ホンダ・ワールドスーパーバイクチーム)をかわしたジョナサン・レイ(カワサキレーシングチーム)がサイクスの背後につけて、またしてもカワサキワンツー体制を築く。カワサキ2台の後ろにはファン・デル・マーク、アレックス・ロウズ(パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム)、チャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)、シルバン・ギュントーリ(パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム)らが続く。

 3周目にはハイペースで周回するサイクスにレイとバン・デル・マークが食らいつき、3台でトップ集団を形成。それを見たデイビスが集団を抜け出して単身、トップ3台を追いかけ始める。後方ではロウズ、ギュントーリにニッキー・ヘイデン(ホンダ・ワールドスーパーバイクチーム)、ダビデ・ジュリアーノ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)が5位争い集団を形成する。

 6周目に突入するころにトップ集団はサイクスとレイ、バン・デル・マークとデイビスの二つに分かれた。
 レース中盤。ロウズが転倒。ジュリアーノが遅れて5位争いもヘイデン、ギュントーリの2台。1位争い、3位争い、5位争いが2台ずつに。
 レース折り返しを過ぎるころにレイがサイクスに猛アタックを開始。2台は順位を入れ替えながらバトルを展開。その間にバン・デル・マークを捕らえたデイビスが追い着き、トップ争いは3台に。バン・デル・マークは単独4番手走行。ヘイデン、ギュントーリの5位争いはジョルディ・トーレス(アルテアBMWレーシングチーム)が加わって三つどもえの争いに。

 14周目。デイビスがレイを捕らえてカワサキ2台の間に割って入る。
 残り5周。レイが2番手のポジションを奪い返す。
 残り2周。レイがトップ浮上。しかしクロスラインで再びサイクスが前。

 ラストラップデイビスは若干遅れた。レイは再三再四にわたってサイクスにしかける。いったんは前に出るが、サイクスが差し返す。二人のドッグファイトはゴール直前まで続き、サイクス優勝で決着。レイは4連勝を逃したが、4戦連続の表彰台を獲得。デイビスは初戦に次いで2度目の表彰台となった。
 バン・デル・マークは単独4位。5位争いはヘイデンが制した。


関連のニュース

本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
太田麻美(おおたあさみ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング