MotoGP ニュース

投稿日: 2016.03.08 12:42
更新日: 2016.03.17 15:55

エストレージャ・ガルシア・0.0・マーク・VDSが体制発表 


 エストレージャ・ガルシア・0、0・マーク・VDSが3月7日に、スペインの首都マドリード市内で2016年プロジェクトを発表。最高峰クラスに初参戦するティト・ラバット、MotoGPクラス2年目を迎えるジャック・ミラー、Moto2クラスに参戦するアレックス・マルケスフランコ・モルビデリ、Moto3クラスに参戦するエスト
レージャ・ガルシア・0、0のホルネ・ナバーロとアラン・カネットが、今シーズン使用するマシンのカラーリングを披露した。

 2年目を迎えるMotoGPクラスは、2人体制に拡大。チームマネージャーのミシュエル・バルトメッリは、「我々にとって2人体制のステップは重要です。数年前からMotoGPクラスの参戦が我々の目標であり、昨年はスコット・レディングと共に初参戦しました。簡単なシーズンではありませんでしたが、ミサノで初表彰台を獲得しました。これはプライベートチームにとって特別なことです。MotoGPクラスに2人体制で参戦することは、小さなチームにとって特別な業績であり、シーズンスタートが待ち切れません」と、抱負を語った。

 今回の発表会では、Moto3ジュニア世界選手権とCEV選手権に参戦するチームも発表された。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

Tom’s
木村理恵(きむらりえ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング