MotoGP ニュース

投稿日: 2018.04.24 08:53
更新日: 2018.05.15 12:15

Team KAGAYAMA 全日本ロード 第2戦鈴鹿 レースレポート


MotoGP | Team KAGAYAMA 全日本ロード 第2戦鈴鹿 レースレポート

2レースを走り切り貴重なデータを収集

■大会名:2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦『2018 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース』
■開催日:
[予選・レース1]4月21日(土)/天候:晴れ/コース:ドライ
[レース2]4月22日(日)/天候:晴れ/コース:ドライ
■開催場所:三重県 鈴鹿サーキット(1周=5.821km)
■観客動員数:56,000人(土日合計)

■JSB1000ライダー:加賀山就臣
■マシン:SUZUKI GSX-R1000
■予選結果:RACE1 10位(2分07秒456)/RACE2 11位(2分08秒324)
■決勝結果:RACE1 10位(Best Time 2分08秒818)/RACE2 9位(Best Time 2分08秒576)

 シリーズ第2戦、鈴鹿2&4レースが三重県・鈴鹿サーキットで開催されました。栃木県・ツインリンクもてぎで行われた開幕戦は、冬のような寒さでしたが、2週間後に迎えた今回のレースは、天候にも恵まれ最高気温は25度を超える初夏の陽気となりました。
 
 2&4レースだけに、今年も四輪のスーパーフォーミュラ、全日本F3と全日本ロードレース選手権の最高峰クラスJSB1000クラスの競演となりました。開幕戦に続き2レース制、土曜日に公式予選とレース1が、日曜日にレース2というスケジュールで行われました。

 前戦のツインリンクもてぎは、今まで相性があまりよくありませんでしたが、アベレージも上がり感触も悪くありませんでした。今回の鈴鹿は、昨年の最終戦でも2分06秒台を記録し、自己ベストを更新する走りができていただけに、期待を持ってサーキット入りしていました。

 鈴鹿8耐に向けたトライアウトがレース1にかかっていることもあり、74台ものエントリーを集めたため、セッションは、2組に分かれて行われました。加賀山は、Aグループでの出走となり、1回目に2分08秒606をマークするものの、2回目に2分08秒934と足踏みしてしまいます。
 
 車体周りが、うまく決まらず、なかなか思うように攻められる状況ではありませんでした。気温による路面温度の上昇、四輪フォーミュラのタイヤラバーの影響などもあるものの、ライバルは、タイムを出してきているだけに、まだまだ改善しなければならない課題を突きつけられました。

 土曜日の午前中に行われた公式予選。路面温度は、それほど上がっていないうちに、いいタイムを出しておきたいところです。ベストタイムがレース1の、2番目に速いタイムがレース2のグリッドが決まるレギュレーション。加賀山は、マシンを必死にコントロールしタイムアタックして行きますが自己ベストには届かず。グリッドは、レース1が10番手、レース2が11番手と、それぞれ4列目からのスタートとなりました。

加賀山就臣(Team KAGAYAMA)
加賀山就臣(Team KAGAYAMA)


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

apr Victoria
香月わかな(かづきわかな)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング