MotoGP ニュース

投稿日: 2018.08.05 15:31

ホンダ・チーム・アジア 2018MotoGP第10戦チェコGP 予選レポート


MotoGP | ホンダ・チーム・アジア 2018MotoGP第10戦チェコGP 予選レポート

アティラプワパがチェコGP予選で8番手
鳥羽は7列目スタート

Rd.10 チェコGP/ブルノ・サーキット
2018年8月4日(土)
コンディション: ドライ
気温: 31℃  路面: 46℃

 土曜午後のチェコGP予選で、Honda Team Asiaのナカリン・アティラプワパは8番手タイムを記録。明日の決勝に向け、3列目8番グリッドを獲得しました。チームメートの鳥羽海渡は予選20番手タイム。明日のグリッドは7列目スタートになります。

 午前のFP3で、鳥羽とアティラプワパはともに昨日のラップタイム更新に成功。それぞれ0.570秒と2.268秒の短縮、と大幅な前進を果たしました。

 午後の予選終盤のタイムアタックで、ナカリンはうまいタイミングで参照できるグループを見つけて2分08秒885を記録。ドライコンディションでの自己ベストグリッドを獲得しました。一方、鳥羽はタイムアタックのタイミングを逸してしまい、その前に記録していた2分09秒807がベストタイムになってしまいました。

 明日の日曜は、現地時間午前8時40分(日本時間午後3時40分)から20分のウォームアップ走行を実施。全18周で争うMoto3クラスのチェコGP決勝レースは、午前11時(日本時間午後6時)にスタートします。

ナカリン・アティラプワパ(8番手 / 2’08.885 / +0.904)

「予選では最後にいいグループを見つけ、その後方についていって完璧な周回を決めることができました。チームのおかげでバイクのフィーリングも良く、マシンの挙動も非常に安定しています。今日は集中力を維持してスムーズに走ることができたので、自信も深まっています。明日はいい結果を獲得できるチャンスなので、力のかぎりがんばります」

鳥羽海渡(20番手 / 2’09.807 / +1.826)

「予選最後にアタックをできませんでしたが、その前までにいいタイムを出せていなかったために、後方グリッドからのスタートになってしまいました。単独走行でもいいペースを刻めているので、明日は序盤でどれだけ追い上げられるかが勝負です。確実にひとりずつオーバーテイクしていけば、いい位置でゴールできると思います」

青山博一 チーム監督

「海渡は、大失敗の予選になりました。他のライダーについて行こうと意識しすぎたあまり、結果的にタイムアタックをできずに20番手。今朝まではいい流れで、単独でもタイムを出せていただけに、もったいない予選になってしまいました。明日は、20番手からがんばって追い上げてほしいです。ナカリンは、今日はチームの推奨するセットアップで走ってもらって結果的に予選8番手、と今季のベストグリッドになりました。単独ではなくスリップストリームを利用した順位ですが、健闘したと思います。このスタート位置を最大限に活用して、明日はいいレースをしてほしいです」


関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
月愛きらら(かぐあきらら)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング