MotoGPニュース

2018.08.11

ホンダ・チーム・アジア 2018MotoGP第11戦オーストリアGP 初日レポート


鳥羽海渡(ホンダ・チーム・アジア)

鳥羽がオーストリアGP初日8番手
アティラプワパは24番手

Rd.11 オーストリアGP/レッドブルリンク・サーキット
2018年8月10日(金)
コンディション:ドライ
気温:25℃ 路面:31℃

 2018年シーズンも後半戦を迎え、第11戦オーストリアGPが、レッドブルリンク・サーキットで初日の走行を迎えました。Honda Team Asiaの鳥羽海渡は午前と午後の2回のフリープラクティスを終えて、1分37秒725で総合8番手でした。チームメートのタイ人ライダー、ナカリン・アティラプワパは1分38秒582の24番手で初日を締めくくりました。

 午前のFP1は、鳥羽とアティラプワパはともに堅実な走り出しで、鳥羽が22番手、アティラプワパは27番手のタイムを記録しました。

 午後の走行では、午前からラップタイムを1秒詰めて、このセッション6番手。初日の総合順位では8番手になりました。アティラプワパは、FP1から0.5秒更新して総合24番手となりました。

 明日のFP3は、現地時間午前9時(日本時間午後4時)にスタート。午後12時35分からは、40分間の予選が行われます。

鳥羽海渡(8番手 / 1’37.725 / +0.507)

「今日はFP1、FP2ともコンスタントに走ることができました。FP2の最後には、グループを待って、そこで自分がどれくらいのタイムを出せるかチェックしてみました。まずまずの走りをできましたが、最後に少し前の選手に引っかかってしまったので、もっとタイムを出すことができると思います。バイクの状態もいいので、明日はミスせず、頑張って2列目を確保したいです」

ナカリン・アティラプワパ(24番手 / 1’38.582 / +1.364)

「午前から午後にかけて、ロング気味だったギヤリングをショートにしたことで、だいぶ乗りやすくなりました。自分自身のライディングも少しずつ良くなっています。最終ラップでは、転倒が目の前で発生し、そのバイクに当たって僕も転倒してしまいました。ケガをせずにすんで良かったです。明日はもっとタイムを詰めていく自信があります」

青山博一 チーム監督

「海渡は午前から午後にかけて、順位、タイムとも大幅に詰めることができました。明日と明後日に向けて、この調子でミスなくしっかりと積み上げていってほしいです。ナカリンは今日一日で0.5秒のタイムアップを果たしましたが、トップとは1秒以上の差があるので、まだ詰めて行く余地はたくさんあります。セッションの最後には他選手の転倒に巻き込まれてしまいましたが、ケガをしなかったのはラッキーでした。明日はもっと頑張ってくれるでしょう」