MotoGP ニュース

2018.11.04

ホンダ・チーム・アジア 2018MotoGP第18戦マレーシアGP 予選レポート


MotoGP | ホンダ・チーム・アジア 2018MotoGP第18戦マレーシアGP 予選レポート

鳥羽は7列目スタート
アティラプワパは8列目から決勝へ

Rd.18 マレーシアGP/セパン・サーキット
2018年11月3日(土)
コンディション:ウエット(FP3)/ドライ(QP)
気温:25℃ 路面:42℃

 マレーシアGP土曜午後の予選を、Honda Team Asiaの鳥羽海渡は20番手で終えました。明日の決勝レースは、7列目20番グリッドからスタートします。チームメートのナカリン・アティラプワパは予選24番手。明日は8列目から決勝レースに臨みます。

 午前のFP3は昨日のFP1と同様の、路面に湿り気の残る難しいコンディションになりました。アティラプワパはまたしてもずば抜けたペースを披露してトップタイムを記録。鳥羽は10番手タイムで、うまくこのセッションをまとめました。

 午後の予選でも、鳥羽は安定したペースで走行しました。ベストタイムは2分13秒160でしたが、ポイント圏内までは0.3秒という僅差です。アティラプワパは最後のタイムアタックで残念ながらタイムを更新できず、セッション序盤に記録した2分13秒718がベストタイムになりました。

 明日の日曜は、現地時間午前7時40分(日本時間午前8時40分)から20分のウォームアップ走行を実施。全17周で争うMoto3クラスのマレーシアGP決勝レースは、午前10時(日本時間午前11時)にスタートします。

鳥羽海渡 (20番手 / 2’13.160 / +1.429)

「予選ではペースはよかったのですが、最後のアタックで十分にタイムを詰めきることができず20番手スタートになってしまいました。前とのタイム差は接近しているので、明日はできるだけたくさんの選手を抜いて追い上げます。今週はどんなコンディションでも速く走れているので、調子よく決勝を迎えられそうな感触です」

ナカリン・アティラプワパ (24番手 / 2’13.718 / +1.987)

「予選最後のアタックでは、いいグループについていたのですが、前で激しい戦いになったあおりを受けてミスをしてしまい、自分のセクター1のタイムが0.7秒遅くなった結果、ラップタイムを更新できませんでした。金曜のFP1と今日のFP3でトップタイムを記録したことが大きな自信につながっているので、明日はいいレースをしてみせます」

青山博一 チーム監督

「午前中、ナカリンはウエット路面でいいリズムで走り、昨日同様にトップタイムを出してくれました。午後のドライ路面では、タイムアタックの際に最初のセクターでミスをしてしまったことが予選順位に大きく影響してしまいました。とはいえ、彼自身はいい状態にあります。明日がどんなコンディションになったとしても、ポジティブな気持ちでレースに臨んでくれるでしょう。海渡も、明らかに先週のフィリップアイランドよりもいい流れで進めてきています。決勝に向けて、まだ詰めていけるところはあります。ほかの日本人選手たちが海渡の前にいるので、彼らに負けないようにがんばってほしいです」


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

T-DASH JLOC エンジェル
姫山愛菜(ひめやまあいな)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング