レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

MotoGP ニュース

投稿日: 2016.09.23 22:36

MotoGP第14戦アラゴンGP初日:ペドロサが今季初の初日トップ

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


MotoGP | MotoGP第14戦アラゴンGP初日:ペドロサが今季初の初日トップ

 MotoGP第14戦アラゴンGP、MotoGPクラスは、スペインのモーターランド・アラゴンで1日目の2回のフリー走行を行い、ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)が1分48秒429で初日総合トップに立った。

 MotoGPクラスのフリー走行1日目は午前中の1回目、午後の2回目共にドライコンディションで行われた。1回目を11番手で終えていたペドロサは、2回目のセッションでは開始13分すぎにリーダーボートのトップに立ち、終盤までトップをキープ。しかし、残り7分で1回目にトップタイムを記録していたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)がファステストを更新してトップに浮上する。しかし、ペドロサは残り2分で再びファステストを記録してトップに立つと、ラストアタックでベストラップを更新、総合トップで初日をスタートし、前戦サンマリノGPからの好調さをキープしていることを証明した。

 マルケスは1分48秒494で2回目のセッション2番手、総合2番手。カル・クロッチロウ(LCRホンダ)が1分48秒510で総合3番手に続き、ホンダ勢が初日トップ3を独占した。

 総合4番手に1分48秒669でバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ)、ロッシは1回目2番手、2回目4番手につけている。総合5番手に1分48秒749でポル・エスパルガロ(ヤマハ・テック3)が続いたが、セッション中盤に2コーナーで転倒を喫してしまった。エスパルガロはピットに戻った後、再びコースイン、セッション終盤にベストラップを記録した。総合6番手に1分48秒886でマーベリック・ビニャーレス(スズキ)。ビニャーレスは1回目3番手、2回目6番手。ホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ)は1回目5番手、2回目7番手、2回目に記録した1分48秒914で総合7番手に。


関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
美桜(みお)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング