MotoGP ニュース

投稿日: 2016.10.23 17:33
更新日: 2016.10.23 17:34

MotoGP第16戦オーストラリアGP 決勝:クラッチローが独走で今季2勝目


MotoGP | MotoGP第16戦オーストラリアGP 決勝:クラッチローが独走で今季2勝目

 MotoGP第16戦オーストラリアGP、MotoGPクラスは、オーストラリアのフィリップアイランドサーキットで決勝レースを行い、カル・クラッチロー(LCRホンダ)が優勝した。

 MotoGPクラスの決勝レースは気温12度、路面温度33度のドライコンディションで争われた。好スタートを切ったのは3番グリッドのポル・エスパルガロ(ヤマハ・テック3)。ポールスタートのマルケスは1周目の4コーナーでポル・エスパルガロを交わしてトップに浮上すると、後続とのリードを広げ、4周目には2番手以下に2秒8のリードを取って独走態勢を築く。

 レース序盤は2番手をクラッチロー、アレイシ・エスパルガロ(スズキ)、ポル・エスパルガロ、アンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)が争い、後方から追い上げてきたバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ)が7周目に2番手争いの集団に追いつき、9周目のストレートエンドで3番手に浮上する。この時点でクラッチローは単独2番手に立っており、トップを行くマルケスを追っていた。

 トップを快走していたマルケスだったが、9周目の4コーナーでスリップダウン、リタイアに終わってしまう。これでクラッチローがトップに立ち、2番手争いの先頭にロッシが浮上。クラッチローはここから1分29秒台を連発して逃げにかかり、単独2番手に浮上したロッシは1分30秒台での周回が続き、その差が広がっていく。レース中盤にはその差は約4秒に広がり、クラッチローはその後も危なげないペースで周回を重ね、結局、一度も背後を脅かされることなく、トップでチェッカーを受け、チェコGPに続いて今シーズン2勝目をドライコンディションのレースでマークした。

 ロッシは単独2位でゴール、3位には追い上げたマーベリック・ビニャーレス(スズキ)が入賞した。13番グリッドからスタートしたビニャーレスは序盤は中団に沈んでいたが、中盤にポル・エスパルガロを交わした後、3番手を争っていたアレイシ・エスパルガロ、ドビジオーゾに追いつくと、23周目に3番手に浮上。そのままポジションを守り、日本GPに続いて2戦連続で3位表彰台に立った。

 4位にドビジオーゾ、5位にポル・エスパルガロが続き、ホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ)は序盤から単独走行が続き、自らポジションを挽回することができず、上位の脱落にも助けられて6位入賞。

 終盤まで接戦が繰り広げられた7位争いをスコット・レディング(プラマック)が制し、ゴールライン直前にスリップから抜け出した、ブラドリー・スミス(ヤマハ・テック3)が8位、9位にダニロ・ペトルッチ(プラマック)、10位にジャック・ミラー(マークVDS)の順で続いた。

 ステファン・ブラドル(アプリリア)は11位、アルバロ・バウティスタ(アプリリア)は12位、ヨニー・エルナンデス(アスパー・チーム)は13位、ユージン・ラバティ(アスパー・チーム)は14位、マイク・ジョーンズ(アビンティアレーシング)は15位に入賞。ティト・ラバット(マークVDS)は16位でゴール。代役参戦のニッキー・ヘイデン(レプソル・ホンダ)は7番手争いの集団でバトルを繰り広げていた26周目に4コーナーで転倒、再スタートし17位でチェッカーを受けた。

 終盤まで3番手争いを展開していたアレイシ・エスパルガロ(スズキ)は23周目の4コーナーで転倒リタイア、エクトル・バルベラ(ドゥカティ)は25周目に6コーナーで転倒リタイア。ロリス・バズ(アビンティアレーシング)はスタート直後にリタイアに終わった。


本日のレースクイーン

SARDイメージガール
松田蘭(まつだらん)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング