MotoGP ニュース

投稿日: 2020.09.16 10:57
更新日: 2020.09.16 13:14

新型スイングアームを導入したビニャーレスがトップ、中上は2020年型ホンダRC213Vにも搭乗/MotoGPミサノ公式テスト


MotoGP | 新型スイングアームを導入したビニャーレスがトップ、中上は2020年型ホンダRC213Vにも搭乗/MotoGPミサノ公式テスト

 イタリアのミサノ・ワールドサーキット・マルコ・シモンチェリでMotoGPクラスのオフィシャルテストが行われた。テストは午前9時から午後1時までのセッション1、昼休みをはさんで、午後2時から午後6時までセッション2の2セッションで行われ、両セッション共、ドライコンディションで行われた。

 トップタイムを記録したのはマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)。ビニャーレスはセッション1で7番手、セッション2でサンマリノGPの予選Q2で自身が記録した1分31秒411に迫る1分31秒532のトップタイムを記録。新型スイングアームとエキゾーストを試すテストプログラムに取り組み、転倒にも見舞われたが、総合トップタイムでテストを終えた。


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
引地裕美(ひきちゆうみ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング