MotoGP ニュース

投稿日: 2021.03.30 15:00
更新日: 2021.03.30 15:31

ホンダ、気軽さが魅力の単気筒バイク『GB350』と『GB350S』を4月から順次発売


MotoGP | ホンダ、気軽さが魅力の単気筒バイク『GB350』と『GB350S』を4月から順次発売

 ホンダは空冷4ストロークOHC単気筒348ccエンジンと存在感のあるスタイリングが特徴の新型ロードスポーツモデル『GB350』を4月22日(木)に、『GB350S』を7月15日(木)から発売する。

 GB350シリーズは『日常から遠出まで』をコンセプトに開発されたホンダのロードスポーツモデル。日常域で扱いやすく、気軽にツーリングを楽しめるモデルで、レトロ&モダンな佇まいが特徴だ。

 新設計となる車体はスチールのしなやかさを引き出しながら、縦、横、ねじれ剛性をバランスさせたセミダブルクレードル形式のフレームを採用。ライダーとモーターサイクルの一体感を見据えたライディングポジションとあいまって、取り回しやすく、ゆったりした操縦フィールを演出する。

 フロントフォークは、より大型のモーターサイクルと同等の大径インナーパイプを採用し、剛性を高めることで、路面からの外力によるしなりを低減させている。また、リヤサスペンションはダンパー内部に窒素ガスを加圧封入することで、応答性の高いダンピング性能を実現している。

 前後ブレーキには大径のディスクブレーキを採用するとともに、前後独立制御ABSを標準装備。『GB350』のホイールは、アルミGDC(重力金型鋳造)によるフロント19インチ、リヤ18インチを採用。

 『GB350S』では、リヤホイールを17インチに小径化し、積極的な走りに応じたグリップ特性と高い安定感を両立するワイドなラジアルタイヤを装着する。

GB350 S(パールディープマッドグレー)
GB350 S(パールディープマッドグレー)

 パワーユニットは、直列シリンダーの空冷・単気筒エンジンを搭載。最高出力は20ps、最大トルクは29N・mを発生する。内径70mm、行程90.5mmのロングストロークをはじめとした各部の設定、ワイドレシオのトランスミッションや、質量の大きなフライホイールの採用など、一回ごとの燃焼まで感じられるようなクリアな鼓動とともに、粘り強さを感じさせる特性を持っている。

 また、ライダーをサポートする電子制御技術として、路面状況に応じてエンジントルクを制御するホンダ・セレクタブル・コントロール(HSTC)を採用している。

 スタイリングは、フューエルタンクをはじめ、スチール製の前後フェンダーやサイドカバーなどの深く絞られた形状と、クランクケースカバーやシリンダーヘッドなどの質の高い造りがもたらす、落ち着きと抑揚が調和したトラディショナルな装いとなっている。

 『GB350S』は『GB350』をベースに、よりワイドなリヤタイヤを装着するとともに、バンク角をより深めるマフラー、軽量化に寄与するショートタイプの樹脂製前後フェンダー、シャープな面構成としたサイドカバーを採用する。

 加えて、フロントフォークブーツを標準装備としたほか、ハンドル位置をメインステップ位置に変更するなど、より走りを強調するスポーティなスタイルとなっている。

 価格は『GB350』が55万円、『GB350S』が59万4000円。カラーバリエーションは『GB350』がマットジーンズブルーメタリック、キャンディークロモスフィアレッド、マットパールモリオンブラックの3色、『GB350S』がパールディープマットグレー、ガンメタルブラックメタリックの2色を揃える。

GB350(マットジーンズブルーメタリック)
GB350(マットジーンズブルーメタリック)
GB350(マットパールモリオンブラック)
GB350(マットパールモリオンブラック)
GB350(キャンディークロモスフィアレッド)
GB350(キャンディークロモスフィアレッド)
GB350 S(パールディープマッドグレー)
GB350 S(パールディープマッドグレー)
GB350 S(ガンメタルブラックメタリック)
GB350 S(ガンメタルブラックメタリック)

販売計画(国内・年間)
シリーズ合計 4500台


本日のレースクイーン

2021D’stationフレッシュエンジェルズ
引地裕美(ひきちゆうみ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング