MotoGP ニュース

投稿日: 2016.12.14 15:10
更新日: 2016.12.20 19:29

MotoGP:タイヤ、ECUが変わりテストで戸惑うライダーも/2016年振り返り オフテスト


MotoGP | MotoGP:タイヤ、ECUが変わりテストで戸惑うライダーも/2016年振り返り オフテスト

 2016年シーズンに向けてのMotoGPクラスの大きな変化は、タイヤがミシュランのワンメイクとなったことと、ECUのソフトウエアが共通となったことだった。

 ミシュランは2008年以来となるMotoGPクラスへのタイヤ供給、タイヤ内径も17インチに変更(2015年までは16.5インチ)となり、2015年から各ファクトリーのテストライダーを主体にタイヤ開発を続けてきた。ECUのソフトウエアが共通となったことで、2015年までのオープン、ファクトリーオプションの区分けはなくなった。

 開幕前のマレーシアのセパン、オーストラリアのフィリップアイランド、カタールのロサイルの3コースでのオフィシャルテストでは、2015年チャンピオンのホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ)が好調だった。ロレンソはセパン、ロサイルで総合トップタイムを記録、ロサイルではロングランにも取り組み順調な仕上がりをうかがわせた。

 フィリップアイランドで総合トップに立ったマーベリック・ビニャーレス(スズキ)はロサイルでも総合3番手で終え、2年目となるスズキが2016年シーズンに向けて上位に食い込むことが予想された。


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
宮越愛恵(みやこしまなえ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング