国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.04.17 17:33

スーパーカーレース 第1戦/第2戦 レースレポート


国内レース他 | スーパーカーレース 第1戦/第2戦 レースレポート

 今年で4シーズン目を迎えるスーパーカーレースは、新たなパートナー、スーパーカーによる究極のエンターテイメント集団CARGUYを迎え、『CARGUYスーパーカーレース』として開催されることとなった。

 昨年に引き続き、富士スピードウェイを舞台として、2大会・全4戦が予定されている。その第1大会が4月15日(土)にスタートを切り、予選と第1戦決勝レースが行われた。

■第1戦 予選

 9時25分にスタートした予選は、上空に雲を浮かべるも、春めいた非常に爽やかなコンディションとなった。第1大会には11台がエントリーしていたものの、うち1台が練習中のアクシデントによりリタイアしたため、10台での出走となった。

 最初にタイミングモニターの一番上に名前を記したのはKSD RACING SLS GT3の佐藤元春で、1分47秒198をマークするも、直後に上回ったCARGUY ROGER DUBUIS Huracan GT3の木村武史が、いきなり1分41秒498という驚異的なタイムを出した。

 勢いに乗る木村はそのままタイムを短縮し続け、最後は1分39秒518を出し、昨年自らマークしたレコードタイムを更新した。

「コースレコードを更新できて良かったです。ただ、出した周はトラフィックに引っかかったり、セクター1がコンマ3秒遅かったりしていたので、本音としては38秒台に入れたかった」と木村。

「(ライバルとの)クルマの違いはあるので、差はかなりつきましたが、勝つとハンデキャップがついて、次のレースは厳しくなるでしょうから、今日のレースは確実に勝ちたいと思います」

スーパーカーレース第1戦 アウディRS3 LMS
スーパーカーレース第1戦 アウディRS3 LMS

 2番手はCUP1クラスながら大健闘の、チーム和歌山with HOJUST・芦村モータース・ランボスタイルを駆る落合俊之で1分44秒109をマーク。3番手にはTaiwan Top Speed Huracan GT3のジョージ・チョウがつけ、KSD RACING SLS GT3の佐藤は4番手に留まった。

 5番手はCUP1クラスでCARGUY RUF Huracan STを駆る小山美姫。そして、6番手はGT4/N1クラストップでBRP★Audi RS3 LMSを駆る奧村浩一。このマシンは先日のスーパー耐久でデビューさせたばかりのTCRで、N1ポルシェのWISE1ポルシェGT3を駆る佐藤賢一に10秒もの差をつけることとなった。

■第1戦 決勝

 その予選からほぼ5時間を経て、40分間で争われる第1戦決勝レースが行われた。途中1回のピットストップが義務づけられ、最低でも30秒間は停止していなければならず、またプラチナドライバーが登録されていれば、さらに15秒追加。

 スタートは予選を担当したジェントルマンドライバーが担当することとなっているため、早々と交代したいところだが、レース開始後15分間経過から10分間のうちに行わなくてはならない。

 レースはローリングスタートによって開始。10台のマシンがストレートにゆっくりと戻りながら、グリーンシグナルの点灯と同時に一気に加速する。もちろんトップで1コーナーに飛び込んだのはCARGUY ROGER DUBUIS Huracan GT3の木村で、早々に後続を引き離しにかかる。

 一方、その後方で激しい2番手争いを繰り広げていたのが、チーム和歌山with HOJUST・芦村モータース・ランボスタイルの落合とTaiwan Top Speed Huracan GT3のチョウだった。

 しかし、それも4周目までで、チョウの先行を許した落合は徐々に遅れを取り、またそれまでもエンジンから異音を発していたこともあり、10周目にはピットに戻ってあえなくリタイアとなった。そして、6周目にはCARGUY RUF Huracan STの小山が、KSD RACING SLS GT3の佐藤をかわして4番手に浮上。

スーパーカーレース第1戦 スタートシーン メルセデス・ベンツSLS AMG GT3
スーパーカーレース第1戦 スタートシーン メルセデス・ベンツSLS AMG GT3

 9周目からは15分経過したこともありドライバー交代が許される、ピットロードオープンとなる。ほとんどの車両が早々にピットへ戻ってくる中、GT3クラス勢は交代を遅らせる。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング