F1 ニュース

2017.07.20

FIAが驚きの方針変更。F1コクピット保護デバイス“ハロ”を2018年に導入、“シールド”に見切り


F1 | FIAが驚きの方針変更。F1コクピット保護デバイス“ハロ”を2018年に導入、“シールド”に見切り

 19日のF1ストラテジーグループ会合の後、FIAは2018年F1にコクピット保護システムとして“ハロ”を導入することを発表した。

 今回のF1ストラテジーグループ会合は、ロス・ブラウンの方針によりメンバーチーム以外のルノー、トロロッソ、ザウバー、ハースもオブザーバーとして招かれ、初めて全チームが出席のもとで行われた。

 チーム、F1商業権保有者、FIAの協議の結果として、FIAは、前部コクピット保護システムとしては“ハロ”が最も安全面で優れているとして、これを2018年に導入することを明らかにした。昨年、全チームがハロをテストした後、今年に入ってFIAは新たに“シールド”システムの開発を推し進めていくことを決め、イギリスGPで初めてのテストを行った。しかし結局ハロに戻ることに決めたようだ。

「2016年7月のストラテジーグループで、F1に前部コクピット保護システムを導入することで全会一致の合意に至り、ドライバーたちから繰り返し支持を得てきた。このたびFIAは2018年にハロを導入することを確認する」とFIAの声明には記されている。

「チームのサポートのもと、このデザインの特定の特徴がさらに強化される」
「過去5年にわたって多数のデバイスの開発、評価を行ってきた結果、全体的な安全性に関してハロが最も優れたパフォーマンスを示すことが明らかになった」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング