F1 ニュース

2019.07.01

ホンダF1田辺TD優勝インタビュー(1):チームのホームで限界まで引き出したエンジン性能。「レース中に確認したうえで『まだ行ける』と伝えました」


F1 | ホンダF1田辺TD優勝インタビュー(1):チームのホームで限界まで引き出したエンジン性能。「レース中に確認したうえで『まだ行ける』と伝えました」

 F1第9戦オーストリアGPでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季初優勝、ホンダとしては2006年のハンガリーGP以来、13年ぶりのF1優勝となり、フェルスタッペンとともに表彰台へ上がったホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターに優勝後のインタビューを行った。

————————-

――まだ審議中ですが、復帰後、初優勝しました(※会見は審議結果前に開始。この後シャルル・ルクレールとの接触は、レーシングインシデントとしてペナルティが科されないことが正式に決定した)
田辺豊治F1テクニカルディレクター(以下、田辺TD):これまでF1に参戦してきて、いろいろ経験して、少し時間がかかりましたが、ようやく最初の一歩を踏み出せたかなと思っています。いつも申し上げているように、このスポーツは(車体・パワーユニット。ドライバーの)パッケージで戦っていて、今日はマックス選手が力強い走りをしてくれました。

 また、われわれの車体とパワーユニット(PU/エンジン)もこのサーキットでは競争力があったと思っていますが、次戦以降はまた違うコースになるので、さらに競争力を上げて、今日のような戦いができるよう、ホンダとしてはPU性能を上げたいと思います。

――(2番グリッドスタートのフェルスタッペンは)スタートで大きく出遅れました。
田辺TD:スタート出遅れの原因はわかっていませんが、(グリップ力にトルクが)負けて失速していたという感じです。いままでのレース展開を考えると、正直、今日はもう厳しいかなと思っていました。

――メルセデスとフェラーリの今日のペースをどう分析していますか。
田辺TD:これまでのレースに比べて、彼らのペースが違っていたことはたしかですが、その原因はわかりません。これから解析していきますが、そこにレースで彼らと同等に戦うヒントがあるかもしれません。

――メルセデスは冷却が厳しかったと言っています。
田辺TD:われわれも厳しかったです。特に前にクルマがいる状況では。

――それでも、今日はフェルスタッペンが何度もオーバーテイクしていました。
田辺TD:(他社はわかりませんが、)ホンダとしてはできるだけPUが冷えるようにして走っていました。

■レース中に発生した突然のセンサー異常


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 Owltech Lady
山下莉果(やましたりか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング