F1ニュース

2016.10.16

新規則でのダウンフォースは「驚くべきものになる」とウイリアムズ技術責任者


ダウンフォース量が急増する来季F1

 来たる2017年の新F1テクニカルレギュレーションにおいて、大きな変更が決まっているエアロダイナミクスは「驚くべきものになる」と、ウイリアムズのチーフテクニカルオフィサーであるパット・シモンズは述べている。

 新しいレギュレーションではフロントとリヤウイング、およびタイヤ幅の拡大が大きな目玉となっており、これによってラップタイムは1周あたり3〜5秒速くなると期待されている。

 理論上、このレギュレーション変更によって勢力図が変わり、コンストラクターズ・チャンピオンシップで3位から5位に転落したウイリアムズのようなチームが上の順位に返り咲くことができるかもしれない。

 2017年のウイリアムズの進歩の可能性に励まされる一方で、シモンズはそうした進化に基準点のようなものがあるわけではなく、ライバルチームの動向にも注意を払っていることを認めている。

 チームが2017年に向けてどのように備えているかについて質問されてシモンズは「我々が来年に向けて取り組んでいるエアロダイナミクスの改善は驚くべきものだから、その質問に答えるのは非常に難しい」 と答えた。

「毎週風洞の中でダウンフォースのテストを行っているが、我々だけがこうした状況にあるとは思えない」

「全てのチームの風洞実験施設で同じことが起きていると思うよ。はっきりとは分からないけどね」

「我々は通常エアロダイナミクスにおいて達成すべき目標値を設定するものだが、来年についてはそもそも目標値がどれくらいなのかも分からないから何も言えない」

「大きな目標や、実現可能性やらの話はできるかもしれないが、目標が何になるのかということは、テストを行いつつ他のチームがどうなっているか見極めるまで分からないんだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Valenti Japan×花魁/2019TAS
佐南有紀(さなみゆうき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング