海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.11.25 07:45
更新日: 2017.11.24 19:45

F3ワールドカップ:SJMセオドールレーシング・バイ・プレマ 2017年マカオグランプリ レースレポート


海外レース他 | F3ワールドカップ:SJMセオドールレーシング・バイ・プレマ 2017年マカオグランプリ レースレポート

両手から溢れた栄冠。惜敗のセオドールレーシング  マキシミリアンの5位が最上位に留まる

2017年11月16~19日
マカオ/ギアサーキット

“FIA Formula3 World Cup”のタイトルが懸けられ、ステータスがさらに上がったマカオグランプリF3レース。今年度からエントリー方式も変更され、それまで1チーム/3台となっていたが今年から1チーム/5台までとなった。

 ユーロF3選手権で4台をエントリーしているプレマ/セオドールは例年、ドライバーのセレクションに頭を抱えていたが今年はその心配も無く、ユーロF3そのままの体制で臨むことになった。

 ユーロF3からの唯一の変更点は今年もグランドリスボアホテルを経営するSJM(SJM Holdings Limited / Sociedade de Jogos de Macau, S.A)がチームのタイトルスポンサーとなり、栄光のエントラント名、“SJMセオドールレーシング・バイ・プレマ”という、年に一度のプレミアムネームに変更したことだ。

 レースフォーマットは木曜午前がFP1、午後がQ1。金曜日午前がFP2、午後にQ2でグリッドを確定し、土曜日の予選レース。そしてその結果で日曜日のグランプリのスターティンググリッドを決める。

木曜日(11/16) FP1/Q1

 FP1はFDA(Ferrari Driver’s Academy)ドライバー #8 周冠宇が6位でチームトップ。このマカオグランプリに臨む少し前にフェラーリJr.入りがアナウンスされたばかりの#7 カラム・アイロットが7番手、マカオ初挑戦となる#10 ミック・シューマッハは9番手と好位置につけた。
 
 #9 マキシミリアン・ギュンターはマシンのトラブルで殆ど走れず、19番手と最後尾に近かった。

 午後のQ1ではセットアップの変更が大きく効いてマキシミリアンが3番手、カラムが6番手、9番手に周、そしてミックが12番手と好位置につけた。

金曜日(11/17) FP2/Q2

 FP2。カラムが4番手、マキシミリアンが5番手、9番手に周、そしてコースの慣熟に努めるミックが14番手のタイムをマーク。

 そして午後のQ2。カラムは3番手、マキシミリアンが4番手で二台揃って二列目を確保。大躍進したのはマカオ初参戦のミック。7番手のタイムをマークし、関係者から感嘆の声が上がった。周は10番手に付け、4台がトップテンでクォリファイを果たした。

マキシミリアン・ギュンター 2017年F3マカオグランプリ
マキシミリアン・ギュンター 2017年F3マカオグランプリ


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング