海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.07.11 12:27

インディ第11戦アイオワ:怪我を跳ね除ける圧倒的な速さでニュガーデンが制圧


海外レース他 | インディ第11戦アイオワ:怪我を跳ね除ける圧倒的な速さでニュガーデンが制圧

 0.894マイルのアイオワ・スピードウェイで開催されたインディカー・シリーズ第11戦。10日に行われた決勝レースは、エド・カーペンター・レーシングのジョセフ・ニューガーデンがオーバル初優勝となるキャリア3勝目を挙げた。佐藤琢磨(AJフォイト)は、粘りの走りを見せ11位となった。

 ジョセフ・ニューガーデンが予選2位から1周目にトップに立ち、圧倒的なスピードを見せ付けて300周を走破! オーバルでのキャリア初勝利を飾った。リードラップは282周にも及んだ。この勝利は、インディカーにデビューして6年目を迎えるニューガーデンにとって、キャリア3勝目だ。

 今日の勝利で53ポイントを荒稼ぎした彼は、ポイントスタンディングで5番手から2番手へとジャンプアップした。ポイントリーダーのサイモン・ペジナウ(チーム・ペンスキー)との差は73点だ。

 日中にの豪雨によって路面のラバーは完全に流され、湿度も大きく上昇。風も吹いていた。インディライツのレースが行われた後でのレースではあったが、コンディションは昨日の予選までとは違うものになっていた。しかし、ニューガーデンには何の影響もなかったようだ。

インディカー第11戦アイオワ決勝/スタート
インディカー第11戦アイオワ決勝/スタート

 ニューガーデンの速さは、彼が100周を終える前に3番手を走るエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)までをラップダウンにしていたという事実を示せば明らかだろう。ライアン・ハンター-レイのトラブルによるフルコースコーションが109周目に出されなかったら、2番手を走るペジナウも周回遅れとなっていたはずだ。


本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング