海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.07.01 01:21
更新日: 2018.07.01 01:24

FIA F2第6戦オーストリア レース1:牧野が今季最高位の7位を獲得。福住は9位フィニッシュ


海外レース他 | FIA F2第6戦オーストリア レース1:牧野が今季最高位の7位を獲得。福住は9位フィニッシュ

 6月30日(土)、オーストリアのレッドブルリンクでFIA F2第6戦のレース1が開催され、ジョージ・ラッセル(ART)が優勝。日本の福住仁嶺(アーデン)は9位、牧野任祐(ロシアンタイム)は7位だった。

 ラッセルは前戦フランスに続き2戦連続のポールポジションを獲得、ランド・ノリス(カーリン)が2番グリッドがらスタート。牧野は10番手、福住は17番手スタートとなる。

 フィーチャーレースとして行われるレース1の周回数は40周。ソフトとスーパーソフトの2種類のタイヤを使用する義務がある。

 また、新車が投入された今シーズン、クラッチトラブルが多発しているため、このレースからローリングスタート方式が採用された。

 レースは大きな混乱なくスタート。ラッセルがオープニングラップを制する。牧野と福住は順位をキープし1周目を終える。

 牧野は3周目、ターン3でルカ・ギオット(カンポス)に交わされ11番手にポジションを落とす。

 レース序盤で気を吐いたのはルイス・デルトラズ(チャロウズ)。7番手からスタートし、4周目までに2台をパスし5番手に浮上すると、4番手を行くジャック・エイトケン(ART)にも食い下がっていく。

 6周目、ラルフ・ボシュング(MPモータースポーツ)がトラブルでマシンを停めてしまう。その影響でセーフティカー(SC)が導入された。

 SCランの間にトップのラッセル、2番手ノリスほか多くのドライバーがピットインしタイヤを交換する。牧野もタイヤ交換を済ませ11番手でコースに復帰した。

 ピットに入らなかったアルジュン・マイニ(トライデント)がトップ、2番手にショーン・ゲラエル(プレマ)、3番手がアルテム・マルケロフ(ロシアンタイム)というオーダーで9周目にレースが再開された。

 10周目、牧野は2コーナーでロベルト・メリ(MPモータースポーツ)に交わされ、12番手にポジションを落としてしまう。

 12周目には2番手争いが過熱。マルケロフがゲラエルに仕掛けるもオーバーテイクは不発。続く14周目にマルケロフがようやくポジションアップを果たした。

 ラッセルは16周目、ピットインしていないゲラエルをパスし3番手に浮上する。

 20周目の1コーナー、エイトケンとデルトラズがオーバーランを喫する。その直後、エイトケンのマシンにトラブルが発生しコース脇にストップ。このレース2回目のSCが導入された。

 23周目にレース再開。25周目のターン4、2番手のマルケロフはマイニをパスしトップに立つ。

 レース終盤、ペースの上がらないマキシミリアン・ギュンター(アーデン)は、30周目にメリに交わされると、32周目にはノリスにも先行を許してしまう。そして34周目には、セルジオ・セッテ・カマラ(カーリン)にも交わされ6番手に後退する。

 一方のメリは、32周目のターン1でゲラエルをパスし4番手に浮上する。他車のピットインの関係もあり、一時2番手を走行。ノリスとバトルを繰り広げながらも最後は失速し、4位でレースを終えている。

 34周目、牧野はギュンターを交わし6番手に浮上する。しかし39周目、ターン3でアレキサンダー・アルボン(ダムス)に交わされ7番手に後退してしまう。

 一方の福住は、ターン3で3ワイドのバトルを制して2台をパス。レース2でポールポジションとなる8番手に浮上してみせる。

 最終周、12番手を走行していたマルケロフが1コーナーで3台をごぼう抜き、9番手に浮上する。そして、最終コーナーで8番手福住を捉え一気にパス。8位でレースを終え、レース2のポールポジションを獲得してみせた。

 ラッセルは落ち着いた走りを披露しポール・トゥ・ウインを飾った。2位にノリス、3位にはアントニオ・フォコ(チャロウズ)が入った。

 牧野は今季最上位の7位フィニッシュ、レース2の2番グリッドを獲得した。福住は9位フィニッシュ。惜しくもレース2ポールポジション獲得はならなかった。

 FIA F2第6戦オーストリアのレース2は、日本時間7月1日18時からスタートする。

福住仁嶺(アーデン)

■FIA F2第6戦オーストリア レース1 順位結果

PosNoDriverTeamTime/Gap
18G.ラッセルART56’16.865
219L.ノリスカーリン5.131
321A.フォコチャロウズ9.633
49R.メリMPモータースポーツ11.796
55A.アルボンダムス14.643
618S.セッテ・カマラカーリン16.900
72牧野任祐ロシアンタイム18.834
81A.マルケロフロシアンタイム24.690
912福住仁嶺アーデン25.528
1017S.フェルッチトライデント26.585
116N.ラティフィダムス27.406
1211M.ギュンターアーデン29.153
1314L.ギオットカンポス29.485
143S.ゲラエルプレマ・レーシング37.135
1516A.マイニトライデント39.355
NC20L.デルトラズチャロウズDNF
NC7J.エイトケンARTDNF
NC4N.デ・フリースプレマ・レーシングDNF
NC10R.ボシュングMPモータースポーツDNF
NC15R.ニッサニーカンポスDNF

海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

NGK
栗本紗智(くりもとさち)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング