海外レース他ニュース

2019.02.08

TCR:2019年新BoPテスト進行中。ピニンファリーナ風洞に新モデル集結


海外レース他 | TCR:2019年新BoPテスト進行中。ピニンファリーナ風洞に新モデル集結

 WTCR世界ツーリングカー・カップを筆頭に、日本でも2019年からスタートするTCRジャパン・シリーズなど、世界中で開催されるTCR規定ツーリングカー・シリーズの性能調整を行う2019年BoP(バランス・オブ・パフォーマンス)テストがスタートし、その第1弾として1月28~29日にイタリア最大のカロツェリア、ピニンファリーナの風洞に各マニュファクチャラーのTCRマシンが集結した。

 フェラーリの伝説的名車ディーノや、F40、F50、そしてエンツォをデザインしたピニンファリーナは、1972年にイタリア初の風洞設備を導入した企業としても知られている。

 ピエモンテ州グルリアスコに位置するピニンファリーナ所有の風洞では、自動車デザインや開発作業に加えて、現在提携関係を結んでいるマヒンドラがフォーミュラEの開発作業に使用しているほか、サイクルロードレース用のロードバイクを開発するデ・ローザなども設備を活用している。

 その風洞設備に12のブランドから16台のTCR規定ツーリングカーが集められ、ダウンフォースとドラッグを評価するため徹底的な初期値評価テストが進められた。その内容は全車ともにライドハイトを80mmに統一し、リヤウイングを0度、5度、-5度の3段階で評価するもの。

 TCRを統括するWSC Ltd.から派遣された技術部門スタッフが監視するなか、各マシンにつき約1時間程度の所要時間で計測が進められた。

 この風洞は1/1スケールとしては最先端となるローリングロードを備えた設備となっており、2019年からトラックテスト参加義務の発生する新規ホモロゲーション取得モデル、『ヒュンダイ・ヴェロスター N TCR』、『Link&Co 03 TCR』、『アルファロメオ・ジュリエッタ・ヴェローチェTCR』、『ラーダ・ベスタ・スポーツTCR』、そして『ルノー・メガーヌR.S. TCR』の5車種も無事に風洞テストを終えている。

2019年からデリバリーが開始される『ヒュンダイ・ヴェロスター N TCR』も姿を見せた
新規ホモロゲーション5車種のみ、2月中盤にスペインで開催されるトラックテストに臨む


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング