海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.08.26 19:33

STCC第5戦:ホンダのアンダーソンが初勝利。PWRは王座防衛へ黄色信号


海外レース他 | STCC第5戦:ホンダのアンダーソンが初勝利。PWRは王座防衛へ黄色信号

 スウェーデンで長年の伝統を誇るツーリングカー選手権、STCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権こと現TCRスカンジナビアの第5戦が8月17~18日にカールスクーガで開催され、初戦でホンダ・レーシング・スウェーデンby MA:GPのマティアス・アンダーソン(ホンダ・シビック・タイプR TCR)がTCR規定シリーズ化後の初優勝を達成。続くレース2はアウディ勢のトビアス・ブリンク(アウディRS3 LMS)が勝利し、王者PWRレーシングは選手権首位陥落の苦しい週末となった。

 スウェーデン国内でもっとも歴史と伝統あるトラックとして知られるカールスクーガのゲラーローゼン・アリーナは、予選を前にまとまった雨量が観測され、ポールポジション争いはフルウエットでの勝負に。

 その高難度のセッションで速さを披露したのは、2017年にTCR規定導入初年度のドライバーズタイトルを獲得しているPWRレーシングのエース、ロバート・ダールグレン(セアト・クプラTCR)だった。2019年はパープルのカラーリングをまとったPWRセアト・ディーラーチームのマシンを操るエースが、今季3度目のポールを手にした。

 しかし、この新興トップチームの戦績によりSTCC独自のウエイト搭載が課されているセアトは、レース1スタートでもその苦しさを露呈し、フロントロウに並んだマティアス・アンダーソンのFK2型シビック・タイプRに軽々と先行されると、その後もドライとなったトラックでポジションを挽回するようなペースが見せられない。

 そのダールグレンの背後では、軽さを武器にマシンを左右に振って揺さぶりをかけてくるアンドレアス・アールベルグのフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRがテール・トゥ・ノーズでプレッシャーを掛けてくる。

 PWRエースドライバーの窮地に対し、なんとか援軍をとオープニングの攻防でポジションを上げたミカエラ・アーリン-コチュリンスキー(セアト・クプラTCR)は、4番手からフォルクスワーゲンを追撃。STCC史上初の女性ウイナーとして歴史に名を刻んでいるコチュリンスキーは、今季も開幕戦勝利のあとコンスタントに表彰台争いに絡む好調さを維持し、アールベルグを3番手争いに引き止める好アシストを披露する。

 しかしダールグレンのクプラに前を行くシビックを追走するパフォーマンスは残されておらず、17周のレースはアンダーソンがトップチェッカー。1.939秒差の2位にダールグレン、6.563秒差の3位にアールベルグの表彰台。以下、コチュリンスキー、アンドレアス・ウェルナーソン(アウディRS3 LMS)の続くトップ5となった。

R1のフォーメーションラップでは、隣国デンマークから参戦の女性ドライバー、ルイーズ・フロストがドライブシャフト破損でリタイア1号に
R1スタートでポールシッターを仕留めたホンダ・レーシング・スウェーデンby MA:GPのマティアス・アンダーソンが、その後の展開を優位に進めることに
雨の予選でも5番手と健闘したミカエラ・アーリン-コチュリンスキーは4位、3位ながら選手権ランクでわずかに後退


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
チャナナ沙梨奈(ちゃななさりな)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング