F1ニュース

投稿日: 2015.07.24 00:00
更新日: 2018.02.17 09:23

「ビアンキのクラッシュは前代未聞」新データ公表


 FIA安全委員会の副会長であるアンディ・メラーは、 Auto Motor Und Sportに対して次のように語っている。
「マルシャの一部がクレーンのステムの下に刺さり、クレーンの底面から押しつぶされるようになったのが問題だった」
「それがブレーキのように急減速させる働きをし、その過程でヘルメットとクレーンが接触した。このような事故は見たことがない」

 安全委員会責任者のピーター・ライトは、「真相を解明して今後のクラッシュ防止に努めるため、FIAにはビアンキの事故に関する調査を行う責任があった」と述べている。
「いまだに、事故が起こってからそこから学ばなければならないという事態がしばしば起こる。今回のビアンキの事故もそのひとつだ。以前は想像できないシナリオだった。そのためこの事故をきわめて詳細な部分に至るまで調査することが重要だった」
「分析にここまで時間をかけ、努力を注ぎ込んだのは初めてのことだ」

 ドライバーの安全性向上のためクローズドコクピット導入という案も検討されているが、ライトはビアンキの事故の場合、それでも悪い結果を防ぐことはできなかったと考えている。
「マシンがルーフで当たって止まり、頭部がクレーンに当たらずに済んだだろうが、ルーフに衝突して同じ結果になっただろう」

 ビアンキの事故の後、FIAはすぐさま調査を開始し、安全性向上のための対策を検討、その結果、2015年からバーチャル・セーフティカー(VSC)システムが導入された。

 ハンガリーGPではビアンキを追悼し1分間の黙とうが行われることが決まっている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

PUMA
一瀬優美(いちのせゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング