インフォメーションニュース

投稿日: 2009.12.16 00:00
更新日: 2018.02.15 16:57

【富士スピードウェイ】“スーパーママチャリグランプリ”の開催について


“スーパーママチャリグランプリ”の開催について

 富士スピードウェイでは、2010年1月10日(日)にカゴ付お買い物用自転車(通称ママチャリ)による耐久レースである“スーパーママチャリグランプリ”が開催されます。

 お客様に、数々の国際・国内モータースポーツの舞台となっているレーシングコース(4,563m)を気軽に楽しんでいただくことを目的に2008年にスタートした本イベントは、ママチャリを安全に運転できればどなたでも参加でき、ファミリーや職場仲間などで構成された1チーム5〜10名のライダーが、交代しながら7時間の走行周回数を競います。
 第2回大会では、還暦チームやコスプレチーム、地元特産品や勤務先のPRチームなど、多種多様な計1,162チーム(約12,000名)が、寒風の中、懸命にペダルを漕ぐ姿が見られました。また、競技中のパドックエリアでは、参加者や応援者が餅つきやゲームをしたり、他チームとの交流を楽しんでいました。

 第3回目となる今大会は、前回を上回る約1,300チーム(約13,000名)がエントリーし、さらなる盛り上りが期待されます。上位3チームと特別賞(BESTドレッサー賞、BESTパフォーマンス賞、BEST レースクイーン賞など)は、常設の表彰台でトロフィーを授与されるほか、全チームに着順のトロフィーが贈呈されます。
 また、大会中はパドックエリアのほか、ピットガレージやピットビル2階の部屋(クリスタルルーム)、同ビル屋上などが開放され、思い思いのひと時を楽しむことができます。なお、日本レースプロモーション(JRP)の協力によるフォーミュラニッポンの実車展示も予定されています。

 入場料は、大人1,000円(中学生以下は保護者同伴に限り無料)です。詳細は下記のウェブサイトをご参照下さい。

■主催:スーパーママチャリグランプリ実行委員会
お問合せ/取材申込み: 電話 0550-78-2255 MAIL kart@fujispeedway.co.jp
ウェブサイト:http://www.japan-racing.jp/fsw/


本日のレースクイーン

SARDイメージガール
松田蘭(まつだらん)

インフォメーション Photo Ranking

フォトランキング