インフォメーションニュース

投稿日: 2010.05.26 00:00
更新日: 2018.02.15 20:15

【Honda】「自動車リサイクル法」に基づく2009年度の再資源化等の実績を公表


    2010.05.26
    「自動車リサイクル法」に基づく2009年度の再資源化等の実績を公表

     Hondaは、自動車リサイクル法に基づく、フロン類、エアバッグ類、シュレッダーダスト(Automobile Shredder Residue 以下、ASR)の2009年度再資源化等の実績を公表した。

     フロン類は、前年実績32.1万台より5.7万台増え、37.8万台を処理した。

     エアバッグ類は、前年実績16.6万台より5.2万台増え、21.8万台を処理。回収での再資源化率は94.2%と、法定基準である85%を大幅に超える結果となった。

     ASRの引取台数は、前年実績39.1万台より5.5万台増え、44.6万台を処理。重量にして8.5万トンであり、その内6.9万トンを再資源化した。その結果、ASR再資源化率は、81.6%となった。前年度の再資源化率80.5%に対して1.1ポイント向上し、昨年に引き続き、2015年の基準値である70%を大幅に超える結果となった。

     これら三品目を処理するために要した費用は、前年実績34億9,751万円より5億7,193万円増え、40億6,944万円となった。資金管理法人から払い渡しを受けた預託金総額は、42億2,413万円であったことから、1億5,469万円の黒字となった。

     Hondaは今後も、リサイクル率の向上と適正処理に向け、努力を継続していく。


    関連のニュース

    本日のレースクイーン


    村上楓(むらかみかえで)

    インフォメーション Photo Ranking

    フォトランキング