スーパーGTニュース

2016.03.07

コッツォリーノ「また日本で走ることができたら」


 3月5日、富士スピードウェイ。この日シェイクダウンされたスーパーGT300クラスに参戦するディレクション・レーシングのランボルギーニ・ウラカンGT3は、ひさびさに日本でレーシングスーツ姿をみせた男がコクピットに乗り込み、初めてのコースインを担当した。その男の名は、ケイ・コッツォリーノだ。