スーパーGTニュース

投稿日: 2015.05.04 00:00
更新日: 2018.02.17 07:46

ホンダ松本氏「フラストレーションのたまるレースでした」


2015年5月3日(日)・決勝
会場:富士スピードウェイ(4.563km)
天候:晴れ   気温:25℃(14:00時点)
路面温度:39℃(14:00時点)
コースコンディション:ドライ
観客:5万8000人(主催者発表)

 5月3日(日)、静岡県駿東郡小山町にある富士スピードウェイにおいて、2015 オートバックス SUPER GT第2戦「FUJI GT 500km Race」の決勝レースが行われました。

 予選に引き続き、本日も富士スピードウェイ周辺は清々しい青空に恵まれました。場内の駐車場にはオートキャンプを楽しむ家族連れなどの姿が数多く見られ、5万8000人のSUPER GTファンが富士のふもとに広がるサーキットを訪れました。今大会の入場者数は、2日間の合計で9万1500人となり、富士スピードウェイでのSUPER GTにおける新記録を打ち立てました。

 昨日行われた予選の結果は、#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT(塚越広大/武藤英紀組)がHonda勢でトップとなる6番グリッドを獲得。以下、#15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT(小暮卓史/オリバー・ターベイ組)は8番グリッド、#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也組)は11番グリッド、#64 Epson NSX CONCEPT-GT(中嶋大祐/ベルトラン・バゲット組)は12番グリッド、#8 ARTA NSX CONCEPT-GT(松浦孝亮/野尻智紀組)は13番グリッドとなりました。

 500kmで繰り広げられる決勝レースでは途中2度のピットストップを行い、3スティントで走りきる戦略が基本となります。スタートドライバーは、#8 ARTA NSX CONCEPT-GTは松浦選手、#15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTは小暮選手、#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTは塚越選手、#64 Epson NSX CONCEPT-GTはバゲット選手、#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTは山本選手がそれぞれ務めます。

 午後2時15分、ローリングスタートによって、110周・500kmの戦いは幕を開けました。スタート直後の1コーナーはアクシデントなく各マシンとも順調にクリア。しかし、#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTがダンロップコーナーで後続の車両に追突されてスピンを喫し、GT500クラスの最後尾まで後退します。審査委員会はアクシデントの原因が追突したマシンにあると判断し、このマシンにドライブスルーペナルティーを科しました。

 オープニングラップを終えた段階で、#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTは1つ順位を下げて7番手。そのすぐ後ろに#15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTが迫り、#64 Epson NSX CONCEPT-GTが12番手、#8 ARTA NSX CONCEPT-GTが13番手、#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTが15番手となりました。

 #17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTに乗る塚越選手は序盤から積極的にペースを上げ、4周目には直前を走るライバルの攻略に成功して6番手に浮上。さらに7周目で別のライバルがピットインし、5番手まで上がります。

 一方、#8 ARTA NSX CONCEPT-GTは序盤に起きたアクシデントの影響で、ボディーの一部が右フロントタイヤと接触するトラブルを抱えました。このため右フロントタイヤにダメージを負い、GT300クラスのアクシデントがきっかけでセーフティカーランとなった13周目にピットストップ。タイヤ交換と給油を行いました。しかし、セーフティカーランが終わった直後の17周目、左フロントタイヤにもトラブルが発生。再びピットストップを行い、#8 ARTA NSX CONCEPT-GTは大きく後れることとなりました。


本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング