レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1ニュース

投稿日: 2013.10.05 00:00
更新日: 2018.02.16 19:04

予選Q2結果、マクラーレン敗退。ザウバーQ3へ


 2013年F1第14戦韓国GPの公式予選Q2は、レッドブルのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 Q1に続いて行われたセカンドラウンドのQ2は全16台が15分間のタイムアタックを行い、上位10台までが最終ラウンドのQ3に進出する。セッション開始時の気温はQ1に引き続き25度、路面温度も35度を記録した。

 全車スーパーソフトでのアタックとなったQ2では、フェラーリのフェルナンド・アロンソが上位勢で最初にトップタイムを記録するが、すぐにメルセデスの2台が上回り、ルイス・ハミルトンが1分37秒台に入れてトップに立つ。

 終盤を前にアタックをかけたレッドブル勢は、ベッテルがハミルトンを約コンマ3秒上回ってトップに浮上、マーク・ウエーバーも3番手につけ、上位はベッテル、ハミルトン、ウエーバー、ロズベルグがトップ4を占める。

 一方、Q3をかけたトップ10争いは、ザウバーの2台が速さをみせ、4番手に飛び込んだニコ・ヒュルケンベルグに続き、エステバン・グティエレスも10番手につける。
 これでトップ10圏外へと押し出されたマクラーレンはセルジオ・ペレスが11番手、ジェンソン・バトンも12番手でノックアウトが決定。ザウバーのライバル、フォース・インディアとトロロッソとともに姿を消すこととなった。

F1第14戦韓国GP 公式予選Q2結果
Pos.No.DriverTeamQ2
11S.ベッテルレッドブル 1'37''569
210L.ハミルトンメルセデス 1'37''824
32M.ウエーバーレッドブル 1'37''840
411N.ヒュルケンベルグザウバー 1'37''913
53F.アロンソフェラーリ 1'37''978
69N.ロズベルグメルセデス 1'38''031
78R.グロージャンロータス 1'38''076
87K.ライコネンロータス 1'38''181
94F.マッサフェラーリ 1'38''295
1012E.グティエレスザウバー 1'38''327
116S.ペレスマクラーレン 1'38''362
125J.バトンマクラーレン 1'38''365
1319D.リカルドトロロッソ 1'38''417
1415A.スーティルFインディア 1'38''431
1514P.ディ・レスタFインディア 1'38''718
1618J-E.ベルニュトロロッソ 1'38''781