スーパーGTニュース

投稿日: 2015.05.07 00:00
更新日: 2018.02.17 07:50

初音ミクSLS、レース直前にトラブル発覚も5位入賞


2015年5月7日
株式会社グッドスマイルレーシング

GOODSMILERACING & Team UKYO レースレポート2
我慢のレースだった第2戦富士は5位!

SUPER GT 第2戦
会期:2015年5月2~3日
場所:富士スピードウェイ (静岡県)
天候:晴れ 動員:9万1500人(2日間)
予選:8位
決勝:5位

■5月2日(土) ドライ路面の予選は8位で通過
 ゴールデンウィークまっただ中に開催されたSUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ。このサーキットでは久しぶりに天候に恵まれ、予選日から晴天で路面温度も上がっていた。前戦岡山は雨だったので、ドライ路面は今シーズン初めてのレースとなる。

 多くの観客が参加したピットウォークのあとに公式予選1回目がスタート。ステアリングを握るのは片岡選手だ。37秒台に何台も入るという大激戦の中、片岡選手は「1’37.870」を出して7位で危なげなく予選1回目をクリアする。
 グリッド順が決まる予選2回目は谷口選手が出撃。4周目に「1’37.851」を出して5周目に「1’37.752」を出すも、ライバルたちの速さもあり、8位で予選を終えた。決勝グリッドは8番手からスタートする。

■5月3日(日) 何周にもわたってライバルを抑えた決勝レース
 決勝日も朝から快晴。チームの個人スポンサーの方々も多く来場し、自然に応援シートができあがっていたほど。この応援の熱を肌で感じながら決勝に挑む。
 朝9時から行なわれたフリー走行は片岡選手からのスタート。片岡選手がベストタイム「1’39.014」を出し、7番手でフリー走行は終了した。
 昨年に引き続き大勢のファンが詰めかけたピットウォークを挟み、決勝レースが開始。予選の結果により、グッドスマイル 初音ミク SLSは8番グリッドからのスタートとなる。スタートを担当するのは片岡選手。フォーメーションラップのあと、ローリングスタートで500kmというシーズンで2番目に長いレースの幕が開けた。

 まずは序盤で2台をパスして6位にジャンプアップ。上位3台とはいきなり離されつつあったが、8周目にタイヤがバーストしてコースアウトするマシンがあり、セーフティーカーランになった。これによりタイム差はリセット。さらに上位を狙う。片岡選手はセーフティーカー解除後に1台を抜いて5位まで浮上した。

 しかし、ここからレースは膠着。5位のまま24周目にピットインをした。タイヤを全交換し、ドライバーは谷口選手へ。今回のレースは2回のピットインが義務づけられているので、片岡選手がもう1度走ることになる。

 ピットアウト後は19位でコースに復帰し、徐々に順位をあげていくと49周目には5位まで戻ってきていた。だが、4位以上との差が大きく、なかなかここから上に行くのが厳しい。5位のまま63周目にピットイン。再び片岡選手へステアリングは託された。
 アウトラップは13位で復帰したものの、すぐ背後には7号車(Studie BMW Z4)が迫っていた。そのまま5位まで順位を回復したものの、後ろから猛追してくる7号車に対しては防戦一方となる。しかし、ストレートスピードに勝るSLSはオーバーテイクを許さない。結局、20周ちかくの攻防の末にグッドスマイル 初音ミク SLSは5位でチェッカーを受けた。

 レース直前にトラブルが発覚し、グリッド上でセッティングを変えるなどの応急処置を行なったが、無事に5位で取りこぼさずにゴールすることができた。現在、シーズンランキングも5位。6月20~21日にタイ・ブリーラムで開催される第3戦では巻き返しを狙う。


本日のレースクイーン


村上楓(むらかみかえで)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング