国内レース他ニュース

投稿日: 2012.06.12 00:00
更新日: 2018.02.16 09:37

PCCJ第5戦富士で平川亮が2連勝を達成


ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012 第5戦 (富士) 決勝

富士. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:黒坂 登志明)とポルシェ カレラ カップ ジャパン (PCCJ) 委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012年シリーズ 第5戦 決勝レースを、2012年6月10日(日) 富士スピードウェイ(静岡県)にて開催いたしました。

天候:小雨/曇 路面:ウエット 気温:21℃ 路面温度:24℃(スタート時)

6月10日(日)に開催された、Porsche Carrera Cup Japan(PCCJ)の第5戦決勝。富士スピードウェイの上空を覆う雲が、12時20分のコースインに合わせたかのようにポツリポツリと雨を降らせはじめた。しかし路面温度は比較的高く、空も明るい。全車スリックタイヤでコースへと向かっていった。

色とりどりのマシンがグリッドについていく。ダブルヘッダー開催のため、スターティンググリッドは第4戦のベストラップ順。ポールポジションは#11 山野直也、続いて第4戦で初勝利を挙げた#14 平川亮、#5 高見沢一吉、#2 田島剛、#19 永井宏明、#22 Michael GREENという上位オーダーとなっている。路面は少し濡れているものの、雨はほとんど止んでいる。グリッド上でタイヤ交換を行なうマシンはなし。シグナルが消え、15周のレースが幕を開けた。

前日のコメントどおり、スタートを決めたのは#14 平川。ポールポジションの#11 山野は濡れていた路面でスタートミス、#14 平川の先行を許してしまった。その#14 平川は、#11 山野を従えて1コーナーを先頭でクリア。宣言どおりのホールショットを決めて、周回を重ねるごとに後続との差を広げていく。
序盤にジャンプアップを果たしたのは、セットアップが決まったという#19 永井。7番グリッドから総合4番手へと順位を上げていた#16 横幕ゆぅを2周目にはオーバーテイク。さらにその余勢を駆って#5 高見沢も追い越し、一挙に総合3番手へと浮上した。

5周目終了時点で上位陣は#14 平川、#11 山野、#19 永井、9番手グリッドから着実に順位を上げてきた#90 SUSHKO、#22 GREEN、#5 高見沢という並びに。この中盤から#11 山野が反撃に転じ1.5秒以上あった#14 平川との差は10周目前後で0.5秒台まで縮める。#14 平川も要所要所を締めるドライビングで冷静に対処し、#11 山野につけ入る隙を与えない。
 その頃、11番グリッドから虎視眈々と様子を窺っていた#33 Tetsuo OGINOが中団バトルの間隙を縫って7番手に浮上、一気にジェントルマンクラスの2番手に躍り出た。

終盤まで続いた手に汗握る首位攻防戦は#14 平川に軍配。これで#14 平川は2戦連続の勝利を収めることとなった。2戦連続で2位という結果に終わった#11 山野は「非常に悔しいですね。平川君のブレーキがきつそうで、時折ロックしているのが見えたので中盤から後半にかけて詰めましたが、追い込み切れませんでした」と唇を噛んだ。
ブレーキングについては#14 平川も否定はしない。「今回は自分の中で納得できる走りができたと思います。たしかにポルシェのブレーキングについて、まだマスターできていない部分もあるので、それは課題ですね。次のSUGOはいちども走ったことはありません。ですが、今後テストに行く予定もありますし、そこでブレーキングも改善できればいいですね」と、早くも照準を次のレースに合わせている。

ジェントルマンクラスは終盤の順位変動なくフィニッシュ。優勝を飾った#19 永井はこれでシーズン2勝目を挙げた。「スタートで失敗してしまいましたが、チームが頑張ってセットアップしてくれたおかげです。そのアレンジが僕のフィーリングとうまく噛み合った結果ですね。総合でも3位に入れて最高の気分です!」と満面の笑み。そしてうれしい初表彰台となった#33 OGINO。「タイヤを温存して走ったのが効きましたね。前方のバトルも接触なくかわすことができましたし、タイヤは最後まできちんとグリップしてくれました。後方スタートだからと諦めずに走ったのが良かったと思います」と戦いぶりを分析した。

次戦のPCCJは7月28日〜29日、スポーツランドSUGOで第6戦、第7戦のダブルヘッダーで開催される。5戦を終わって4人のウイナーが誕生した2012年のPCCJは、東北屈指のテクニカルコースでシーズンの折り返しを迎える。

■第5戦決勝結果
Pos. Car# Driver Class Car Name Gap
1 14 平川 亮 C GARMIN PORSCHE 26'37.682
2 11 山野 直也 C Excellence M.S. +0.393
3 19 永井 宏明 G ナインレーシング +15.514
4 90 Igor SUSHKO C Freescale OGT! +15.924
5 22 Michael GREEN C MIKE DIRECITON +16.710
6 5 高見澤 一吉 C 高見澤整骨院OSSOポルシェ +29.004
7 33 Tetsuo OGINO G KRM ケーズフロンティア +37.319
8 8 櫻井 澄夫 G ロードサービス GT3 +39.767
9 21 高田 匠 G TAKUMIRacingGT3 +55.354
10 3 江本 玄 G アキラレーシング GT3 +56.158
11 15 神取 彦一郎 C パワーステーション サムライ +56.241
12 2 田島 剛 G 911magTAJIMAGT3 +56.849
13 32 飯田 太陽 G KRM ケーズフロンティア +1'06.982
14 6 ARTE ROSSI G JHM DIRECTION +1'22.127
15 7 水谷 晃 C DIRECTION RACING +1'25.524
16 29 中川 國敏 G Adelcars GT3 Cup +1'50.021
17 16 横幕 ゆぅ G YOU DIRECTION +1'54.923

ベストラップ:#14 平川 亮 1'45.736 4/15 (Champion Class)
ベストラップ:#19 永井 宏明 1'46.693 8/15 (Gentleman Class)


関連のニュース

本日のレースクイーン

リアライズガールズ
織田真実那(おだまみな)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング