レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2017.08.19 16:05
更新日: 2017.08.19 16:06

ラトバラ「コンディションが変わり、午後はいいフィーリングが失われた」/WRC第10戦ドイチェランド デイ2コメント

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


ラリー/WRC | ラトバラ「コンディションが変わり、午後はいいフィーリングが失われた」/WRC第10戦ドイチェランド デイ2コメント

 WRC世界ラリー選手権第10戦ドイチェランドは8月18日、SS2〜8が行われ、オット・タナク(フォード・フィエスタWRC)が総合首位に浮上した。トヨタ勢最上位はユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC)の総合6番手だ。

■Mスポーツ

●セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)

セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)
セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)

「今日は僕たちにとってあまりいい終わり方ではなかった。まず、タイヤ選択を誤ったけど、少なくともティエリー(・ヌービル)とは同じだったし、僕らはうまく対処していた。だけど、最後のステージのぬかるみでスピンして20秒以上も失ってしまった。それですべての苦労が水の泡になってしまったよ」

「今日の午後はウエットタイヤがいいチョイスのようだったけど、ちょっと意外だった。僕らはウエットのあまり経験が無かったから、ウエットで走るのは少しギャンブルだった。本当に試したことがなかったからね。だけど、そのタイヤがうまく機能してくれると分かった」

●オット・タナク(フォード・フィエスタWRC)

オット・タナク(フォード・フィエスタWRC)
オット・タナク(フォード・フィエスタWRC)

「トリッキーな1日だったと思う。2回目の走行は特に極端で、コンディションは予想不可能だった。一度、すごくラッキーなことがあった。ヘアピンでまったく道路が見えなくなってバンクに落ちた。進入速度を間違えてはいなかったし、ほかにも特別なことはなかった。だけど、大きなトラブルなく復帰できて、これで時には少しの運も必要だってことが証明されたよ」

「今日の午後は、誰もが僕の(ウエットタイヤを3セット持ち込む)選択をかなり強気だと言ったけど、最後には自分自身と僕の決断に自信が持てた。そして、結果的にそれが正しい選択だったことが判明したよ。タイヤは本当によく機能してくれたし、1日の終わりに首位に立っている」

●エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)

「今朝はかなり堅実だったけど、午後は多くのライバルたちと同じで、その状況から少し外れてしまった。大雨で異常に難しくて、グリップレベルがかなり低かったよ」

「トラブルに巻き込まれないようにして、ミスも避けてきたけど、簡単ではなかった。明日はもっと難しいコンディションに直面するかもしれない。だけど、今日とは違うだろうから、どうなるか楽しみだ」


関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport Racig Gals
霧島聖子(きりしませいこ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング