ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2016.06.09 11:35
更新日: 2016.06.09 11:39

ロシアより愛を込めて。ダカール制覇に向け新型『レッドブル・カマズ』始動


ラリー/WRC | ロシアより愛を込めて。ダカール制覇に向け新型『レッドブル・カマズ』始動

 ブルーに彩られたラダーフレームシャシーに、モノトーンの威圧感を漂わせるカラーリング。ロシアの伝説的トラックマニュファクチャラーの『カマズ』は、来季のダカールラリー制覇に向けたニューマシンを、国際ラリーの舞台で初テストすると発表した。

 ダカールラリーで13回のクラス優勝を誇るカミオン部門の雄は、これまでのキャブオーバー型トラックヘッドとは一線を画すデザインとレイアウトを持つ新型マシンをスタンバイしていた。カマズ・マスターチームがベースに選んだのは最新の『4326』と呼ばれるシャシーで、特徴的なボンネットとロングキャブボディを備える。利点はシャシー設計の優位性にある、と同チームのダカール覇者、エドゥアルド・ニコラエフは説明する。

「我々はこのマシンをすでに1年前の段階で完成させていたが、まだダカールラリーに向けては充分な準備ができていなかったと判断して、リスクを取らぬよう投入を見送った。まず見た目からして誰もがその違いに気づくと思うが、これまでのマシンにはフード(ボンネット)がないのが普通だった。新型マシンはそれだけで、乗員の快適性を大きく向上させることができ、そしてそれはマシンを速く走らせるのに重要なのだ」

980馬力の最新ディーゼルエンジンを搭載するカマズ・マスター“カポトニク”
980馬力の最新ディーゼルエンジンを搭載するカマズ・マスター“カポトニク”


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング