ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.06.03 20:12
更新日: 2016.06.03 20:48

ポルシェ、ニュル24時間でのワークス勢不振に危機感


ル・マン/WEC | ポルシェ、ニュル24時間でのワークス勢不振に危機感

ニュルブルクリンク24時間

アイフェルで開催された伝統のレースでポルシェのカスタマーチームが5つのクラス優勝を獲得

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)のカスタマーチームは、ニュルブルクリンクの北コースで開催された24時間レースにおいて今回も力強いパフォーマンスを発揮しました。ドイツ最大のモータースポーツイベントが開催されていたサーキットは、時折の雨、霧および雹によって、過酷な状態になりましたが、ポルシェ勢は20万人を超えるファンの前で5つのクラス優勝を飾りました。ポルシェ911 GT3カップで参戦したファルコンチームTMDフリクションおよびRent2Driveレーシングは、それぞれSP7クラス、SP6クラスを制し、マンタイレーシング(SP-X)およびレースユニオン・タイクマン・レーシング(カップ3)もポルシェ ケイマンGT4クラブスポーツでクラス優勝を果たし、ブラック・ファルコン・チームTMDフリクションのポルシェ911カレラは、V6クラスで圧倒的な強さを見せつけました。

しかし、ポルシェのワークスチームであるチーム・マンタイ・レーシングが投入した911 GT3 Rの挑戦は、日曜日の朝に不本意な結末を迎えました。アイフェルで44回目の開催を迎えたこの伝統の一戦のフィニッシュまで5時間ほど、100周目でヴァイザッハ生まれの500 PSのレーシングカーは突如停止してしまったのです。このとき、デンマーク人ドライバー、ミハエル・クリステンセンが運転するカーナンバー912は5位を走行していました。彼のチームメートであるリヒャルト・リーツ(オーストリア)、フレデリック・マコヴィッキ(フランス)およびイェルク・ベルクマイスター(ドイツ)は、ピットでリタイヤを迎えることになりました。雨が降り始め、彼らはレース終盤に向けて順位を上げていこうとしていた矢先でした。土曜日、嵐でサーキットがウエット状態となったためレースが3時間中断された後、イェルク・ベルクマイスターは8台ものライバル達をオーバーテークしました。

ポルシェのワークスチームにとっては、わずか2周目にニック・タンディがカーナンバー#911のポルシェ911 GT3 Rでバリヤに衝突し、スタート直後から厳しいレース展開となりました。それに先立ち、マンタイレーシングのメカニック達は、トップ30予選でのアクシデント後に夜を徹して車両を修理し、土曜日の朝のウォームアップに間に合わせました。総合でのポルシェ チームの最高順位は、ウォルフ・ヘンツラー(ドイツ)/マルティン・ラジンガー(オーストリア)/ピーター・ダンプレック(イギリス)/アレクサンドレ・インペラトーリ(スイス)組がドライブしたファルケン・モータースポーツ911 GT3 Rの9位でした。

レースについてのコメント
Dr.フランク=シュテッフェン・バリサー(ポルシェのモータースポーツ部門のトップ):
「24時間にわたるレースですべての困難を克服し、難しい条件にもかかわらずクラス優勝を果たした各カスタマーチームに祝辞を贈ります。ドライバーおよびクルーのモチベーションの高さと献身的な働きにもかかわらず、私達のワークスチームにとってこのウイークエンドは成功とは言えず残念です。予選での順位後退やカーナンバー911の早々のリタイヤなど、すべての障害を冷静に受け止め、不平を口にすることなく共通のゴールを目指して、できることをし続けました。時折でもトップのペースについて行けたのは、カーナンバー912だけでした。私達は5位を走行中で、雨の中で逆転を狙う十分な準備が整っていました。しかし、それは実現しませんでした。ファンの皆様には、私達が再度参戦すること、そしてより良い結果を出すことを約束します。一方、モナコではポルシェ ジュニアであるマッテオ・カイローリが、ポルシェ・モービル1・スーパーカップの250戦目のレースで優勝しました。彼は若干19歳ながら、巨大なプレッシャーに耐え、予選では決勝を目指して頑張り、決勝では完璧なパフォーマンスを見せました。市街地コースで彼が見せた落ち着きには感心しました」。

リヒャルト・リーツ(911 GT3 R #912):
「過酷な天候で北コースの24時間レースを走ったことは、驚異としか言えません。雨、雹、霧など、また、それらすべてを同時に体験することさえありました。幸運にも、私達のエンジニアであるアンドレアは、無線で雹が近付いていることを知らせてくれ、厳しい気象状況とウエットの路面ですでに低速で走行していた私に、さらにペースを落とすよう警告してくれました。彼女がイタリア語でまくし立てて教えてくれていなければ、私もバリヤに突っ込んでいたでしょう。それでも、今日はその警告でも十分ではありませんでした。しかし、来年ここに戻り、さらによい戦績を上げるには何をしなければならないか、はっきりとわかりました」。

ミハエル・クリステンセン(911 GT3 R #912):
「私達のエンジニア達は、問題が何なのかまだ突き止めていません。突然クルマが止まってしまい、シフトダウンできませんでした。さらにエンジンが止まり、再始動できませんでした。それがすべてを物語っています。このレースは見通しを立てられず、今回もその評判通りになりました。それは今後も変わらないでしょう。その反面、北コースはドライバーに世界中のどのサーキットでもできない体験をさせてくれます」。

フレデリック・マコヴィッキ(911 GT3 R #912):
「私達は決勝に準備万端で臨みました。しかし、もちろん天気は予知できません。それでも、私達のパッケージは優れており、通常の状況であれば表彰台結果を残せたでしょう。私達のチームの多大な努力が報われなかったのは残念です」。

イェルク・ベルクマイスター(911 GT3 R #912):
「残念ながら、私達全員が期待していたようなウイークエンドにはなりませんでした。しかし、この特別なレースを911 GT3 Rで競うことができたのは、とても愉しい体験でした。私達は、私達が進歩する上で役立つ重要な知見を得ることができました。私達の今後のモットーは2017年に再挑戦、より良い結果を残すことです」。

総合結果
1. ヴィートリス/ジーフリード/ホーエンナーデル/ファン・デル・ツァンデ(ドイツ/ドイツ/ドイツ/オランダ)組、メルセデス、134周
2. シュナイダー/エンゲル/クリストデュロー/メッツガー(ドイツ/ドイツ/イギリス/ドイツ)組、メルセデス、134周
3. アルツェン/アルノルト/ゴッツ/サイファルト(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)組、メルセデス、133周
9. ダンブレック/ヘンツラー/ラジンガー/インペラトーリ(イギリス/ドイツ/オーストリア/スイス)組、ポルシェ911 GT3 R、130周
13. ワイス/カインツ/クルムバッハ/シュチュルスベルク(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)組、ポルシェ911 GT3 R、128周
17. クロス/シュミットマン/リヒター/ルナウエ(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)組、ポルシェ911 GT3 R、123周

ポルシェのクラス優勝
SP7
ブラック・ファルコン・チームTMDフリクション、ポルシェ911 GT3カップ:アルチュロ・デビグス(ドイツ)、アンドレアス・ワイスハウプト(ドイツ)、アレックス・トリール(スペイン)、マリオ・ファルンバッハ(ドイツ)

SP6
Rent2Driveレーシング、ポルシェ911 GT3カップ:ダビッド・アッカーマン(ドイツ)、カルステン・ヴェルシャー(ドイツ)、ヨルグ・ヴィスキルシェン(ドイツ)、ワルター・サバ(ハンガリー)

SP-X
マンタイレーシング、ポルシェ ケイマンGT4クラブスポーツ:クリストフ・ブロイヤー(ドイツ)、クリスチアン・ゲブハート(ドイツ)、ラルス・ケルン(ドイツ)

カップ3
レースユニオン・タイクマン・レーシング、ポルシェ ケイマンGT4クラブスポーツ:ハンス・ホルムルンド(スウェーデン)、トミー・グラーベルク(スウェーデン)、スコット・マーシャル(イギリス)、モーリッツ・グーセンバウアー(ドイツ)

V6
ブラック・ファルコン・チームTMDフリクション、ポルシェ911:アウレル・シェラー(ドイツ)、アンドレ・クーン(ドイツ)、フィリプ(オランダ)、ミゲル・トリール(スペイン)


関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
安田七奈(やすだなな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング