ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.06.17 20:41
更新日: 2016.06.17 20:44

平川「セットアップはいい方向にいっている」。決勝へ手応え


ル・マン/WEC | 平川「セットアップはいい方向にいっている」。決勝へ手応え

 6月15日にフリープラクティスで幕を開けた第84回ル・マン24時間耐久レース。今回、LMP2には3人の日本人ドライバーが参戦しているが、そのうちのひとり、平川亮は今回が初めてのル・マン。予選3回目の終了後、平川に2日間の走行の感想を聞いた。

 今シーズン、TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)のプログラムの一環で、将来のWECドライバーを目指した活動としてELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズ/ル・マン24時間に挑戦している平川。所属しているティリエ・バイ・TDSレーシングはELMSでも強豪のひとつで、ELMS第2戦イモラでは優勝も飾っている。

 今回のル・マンでも上位フィニッシュの期待がかかるところだが、平川は初めてのル・マン24時間のレースウイーク。まずは15日のフリープラクティスは二度ステアリングを握り、8周を周回。予選1回目は9周、16日の3回目で3周ステアリングを握った。

 そんな平川に、かなり強い雨に見舞われた16日の走行後にレインでの感想を聞くと、「雨の量が増えたり減ったりしなければいいんですけど、雨が強くなってくるとなかなか見えないです。見えるところは見えるんですが、見えないところは本当に見えないので、いきなり足をすくわれることがあります」と語ってくれた。

平川がドライブするティリエ・バイ・TDSレーシングの46号車
平川がドライブするティリエ・バイ・TDSレーシングの46号車


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング